安倍首相「米議会演説」喝采・スタンディングオベーション10回

印刷

   安倍首相は日本時間30日(2015年4月)未明、アメリカ議会の上下両院合同会議で演説を行った。夏に出す「戦後70年談話」につながるものと注目された演説は、「お詫び」の言葉こそ使わなかったが、「先の戦争に倒れた米国の人々の魂に深い一礼を捧げる」と言及した。さらに「戦後の日本は先の大戦に対する痛切な反省を胸に歩みを刻んだ」と強調した。

イスラエル首相より少なかったが、韓国大統領より多かった

   米側の反応はどうだったのか。日米関係に詳しい専門家によると、米議会では立って行う喝采、スタンディングオベーションの回数で好・不評がはっきりわかるらしい。安倍首相の演説では10回あり、全体的に好意的に受け取られたようだ。今年2月、イスラエルのネタニエフ首相は25回、韓国の朴槿恵首相は6回だった。

   コメンテーターの宇野常寛(評論家)「バランスが取れていたと思います。中韓へのお詫びは触れないことで、彼らの行き過ぎた反日ナショナリズムを使った外交カードを牽制し、それでいて過去の戦争は率直にお詫びして、いい外交だった」と評価した。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中