思いつき「アブダビ女一人旅」無事に帰ってきました!とにかく美人だらけの街だった

印刷

   突如思い立って、当日夜のフライトとホテルをネット予約し、アブダビに着いたのは明けて午前4時過ぎだった。そこから4泊6日の弾丸休日だったのだが、ひと言でいうと、大満足。もっとみんなアブダビ旅行に行けばいいのにとおせっかいをやいてしまいそうになるほどである。

ゴミは落ちてないしセキュリティー万全、ホームレスもいない

   向こうでは巨大ショッピングモールや砂漠を4WDで走り抜けるデザート・サファリを体験してきましたが、日本人に会ったのは新婚旅行に来ている若いカップルだけでした。やっぱり「中東は危険」というイメージが強いのだろうか。アブダビ空港はハブ空港として機能しているんだけど、その時は日本人も多くいたけれど、入国したら姿を見ないというのはちょっと不思議な気分だ。

   最近はテレビ番組制作も中東ロケは自粛になっている。テロ、「イスラム国」のイメージが強く、よほどのことがなければ行かないようになっているわけだ。マスコミが扱わないとなると、観光客が1組しかみないという状態になっちゃうんだろうな。外務省の危険勧告も出ていないけどね。

   だが、行ってみるといかにUAEが安全な国なのかがよくわかる。街中にはゴミひとつ落ちていないし、ショッピングモールや商業施設には日本の3倍ぐらいの警備員が配置されているし、砂漠の国とあってホームレスもまったく見かけなかった。

   なにしろ建設ラッシュということで、何かしらの仕事にはありつける。ということで、わんさか労働者が世界中から集まってきているのだ。建設現場に労働者を運ぶバス、ホテルやショップ、レストラン店員の多くはインド系住民。その次にフィリピン系、タイ系、中華系の住民と続く。

   アラブ系住民の男性の多くはカンドゥーラという白い民族衣装、女性はアバヤという黒の衣装に身をまとっている。顔すべて隠す人もいれば、髪の毛と首回りを隠す場合もある。イスラムの教えでは「美しいものは隠しなさい」とされ、女性たちは顔と髪を外出時には隠すのだそうだ。

大きな黒い瞳にはっきりした顔立ち・・・スーパーモデル級一般人

   ところがです。男性のみなさまに朗報。顔を隠してはいないアラブ系女性たちがビックリするほど美人だらけなの。けっこう厚めなメイクではありますが、大きな黒い瞳にはっきりした顔立ちの方が多くて、一般人がモデル並みなクラスなのだ。たとえば、玉虫色のマセラッティからピンヒールはいてアブヤを身に着けたスーパーモデルばりの美人おねえちゃんがおりてきたりする。女性トイレでもストールの調整やメイク直しに余念がないスーパー美人が多く、ここは映画スタジオか?と勘違いしそうになるのだ。

   そして、彼女たちが持っているのは高級ブランドのバッグ。真っ黒なアバヤで全身を覆うが、高級バッグに、クリスタルがビッシリのサンダルやピンヒールをはいている。持っているもののレベルが違う。ということで、彼らの金銭感覚はわれわれからすると雲の上のような感じだ。

   UAEは税金がないから買い物天国とは聞いていたが、税金なくても一通りのものが日本よりも値段が高く、買い物には躊躇してしまう。安いのはコーラ、バス料金が80円ぐらい、タクシーも初乗り100円ぐらいだ。ちなみに、道路にバイパスが多いのだが、一般に制限速度は120キロというが、140キロぐらいで走り、ナンバープレートが1~100までの王族系の車にかぎっては、速度無制限だそうだ。

   日本では情報の少ないアブダビだが、ヨーロッパを中心に観光客も世界中から集まってきていた。個人的には大好きな場所の一つになった。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中