「日テレ」視聴率3冠独走中、「フジ」新番組コケまくり・・・いよいよはっきりしてきたテレビ盛衰

印刷

   日本テレビの独走が続いている。全日(午前6時~午後12時)、プライムタイム(午後7時~11時)、ゴールデンタイム(午後7時~10時)の3時間帯で視聴率トップとなる「3冠」が連続していて、これまで日テレとしては12週連続が最高記録だったが、それも先週更新した。

   見るも無残な惨敗はフジテレビだ。4月に大幅な番組改編を行ったが、新番組がことごとく視聴率1ケタ台に沈んでしまった。午後の情報番組「情報LIVEグッディ!」は安藤優子を起用して局を上げての新番組だったが、視聴率1%を記録するなど墜落寸前だ。打倒ミヤネ屋どころではない。いま最も視聴率が計算できる有吉弘行の「お~い!ひろいき村」(土曜7時)も初回の視聴率は7・7%とズッコケてしまった。

   さすがに亀山千広社長も真っ青で、「正直、非常に苦戦しています。苦戦は織り込み済みですがイライラしてます」と苦しそうだ。このままではテレビ東京にも追い上げられるなんてことになりかねない。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中