2018年 7月 19日 (木)

蔵王温泉も「噴火警戒レベル2」で閑古鳥!ガラガラだったゴールデンウィーク

印刷

   箱根だけでなく、山形・宮城県境の蔵王山も噴火警戒レベル2だ。蔵王温泉は山頂から4キロ離れていて安全圏のはずが、旅館のキャンセルが続出して閑古鳥が鳴いている。閉館するホテルも出た。

   昨年10月(20154年)、蔵王山の御釜(噴火口)の水面に部分的な白濁が認められ、火山活動を示す微動も増えたため、仙台管区気象台は先月13日(2015年4月)、噴火警報「火口周辺危険」を出し、御釜から1.2キロを避難勧告区域とした。

キャンセル続きで閉館決めたホテル

   ホテル、旅館のキャンセルが相次ぎ、例年ならゴールデンウイーク中は人であふれる蔵王温泉街から人が消えた。この時季は山形から宮城へ抜けるエコーラインの残雪のカベが呼び物なのだが、これが「危険」区域にひっかかって閉鎖されてしまった。

風評被害

   大型連休最終日のきのう(6日)、岡安弥生が温泉街をリポートしたが、まったく人影がない。足湯もだれもいない。ホテルのロビーも食堂もがらんとしている。ホテルの予約簿はキャンセルの赤線が並んでいた。

   先月20日には閉館を決めたホテルが出た。客は修学旅行やスキー教室など学生の団体客が6割を占めていたが、昨秋からキャンセルが続き、経営の見通しがたたなくなった。廊下には浴衣や布団が無造作に置かれていた。従業員はもちろん、食材店、クリーニング店など影響は大きい。観光協会は「風評被害です。蔵王温泉存亡の危機。温泉地が崩壊してしまう」という。

危険エリアと温泉街「離れていてもやっぱり怖い」

   司会の羽鳥慎一「観光に携わる人たちには死活問題ですね」

   岡安「(噴火危険エリアと温泉街は離れているのに)同じ蔵王ということでひとくくりにされてしまうんですね。蔵王温泉は8割から9割が県外の客という事情もあります」

   羽鳥「玉川さん、宮城ですよね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「仙台、宮城県民にとっては、御釜は魂みたいなものなんです。仙台から見ると、蔵王温泉は御釜の向こうにあるもので、同じ名前だという程度。行ったこともない」

   岡安「GW中も山形の地元の人は来ているが、県外から来ないですね」

   高木美保(タレント)「風評被害は情報不足ということですよね。4キロ離れてれば大丈夫だと伝えないと」

   「空いてていいよ」というには相当にヘソが曲がってないとムリかな。むずかしいもんだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中