成田行きエア・カナダで赤ちゃん生まれた!珍しくない「機内出産」

印刷

   きのう10日(2015年5月)、カナダ・カルガリー発成田空港行きのエア・カナダ機内で乗客のカナダ人女性が女児を出産し、到着後、女性は救急車で病院に運ばれたが、母子ともに健康だ。

   しかし、「空の上の出産はめずらしくない」(山本匠晃アナ)のだという。去年7月には中国国際航空機内で双子の女の子が誕生し、今年3月にはカタール航空機で男の子、今月5日にもエール・フランス機で男の子が生まれている。みんな無事に元気に生まれている。

JAL、ANA「予定日近い乗客は医師の診断書や同伴」

   日本航空、全日空は、出産予定日の8~28日前に搭乗するときは医師の診断書、7日前から予定日までは医者の同伴が必要になるそうだ。

   龍崎孝(TBS解説委員)「なによりご自分と赤ちゃんの体のことですから、慎重に乗ってほしいなと思いますね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中