フットボールゴルフ人気急上昇!6月に国際大会「日本代表」6人決定

印刷

   ゴルフ場を使ってサッカーボールを足で蹴り、ゴルフと同様にカップに入れる新スポーツ「フットボールゴルフ」の国際大会が6月(2015年)にオランダで開催され、その日本代表選手が発表された。

   選ばれたのは6人で、うち4人が正式代表だ。システムエンジニア、フットサル指導者、製薬会社社員など30代が中心で、ゴルフ経験はないか、あっても3、4年だが、サッカー歴は20~30年というベテランばかりだ。

ゴルフコースの9ホールプレーしてスコア少ない選手が勝ち

   この新種競技は09年にオランダで誕生し、世界30か国で行われている。9ホールをプレーして、スコアの少ない人が勝ちというのはゴルフと同じだ。日本でも昨年2月に日本フットゴルフ協会が発足し、現在5000人が登録していて、来年までに6万人突破を目指しているという。

日本に場所あるか?

   ゴルフ同様、紳士淑女のスポーツとかで、競技中の服装も襟付きのシャツにハーフパンツ、ハイソックス、ハンチング帽が決まりだ。サッカーシューズでOKだが、ゴールのカップはグリーンではなくラフに作られる。来年は2回目となるW杯がアルゼンチンで開催される予定という。

   司会の加藤浩次「もしかしたら、いいずれはオリンピック種目になるかもしれないね。でも、日本では場所がねえ」

   その場所だが、ゴルフ場との併設で相乗効果を期待する声も上がっているという。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中