ドラえもん!大山のぶ代さん元気にしてやって・・・認知症進み日常生活困難

印刷

   「ドラえもん」役で知られる声優の大山のぶ代(78)が認知症を患っていることがわかった。きのう13日(2015年5月)、夫の俳優・砂川啓介(78)がTBSラジオ番組で明らかにした。

2分前のことも覚えていない

   大山は1979年から2005年まで26年間、「ドラえもん」の声を担当した。08年に脳梗塞を発症してから暗証番号がわからなくなるような症状が出ていた。砂川は脳梗塞の後遺症と思っていたが、最近は症状が進み、「2分前のことも覚えていない」状態になった。今のことを「それはやってはダメよ」といっても「私はやっていない」ということがしょっちゅう起きた。

声の出し方忘れてない

   砂川が出掛けているとき、電話の応対ができず留守番もできない。風呂も1人では入れない。トイレも始末も難しい。得意だった料理も手順がわからないのか全まったくできない。他人の手がなければ日常生活をすることは困難だという。

   昨年秋以来、仕事らしい仕事はしていなかったが、砂川のCDを出すため先週、自宅でこんなあいさつを収録した。「きょうは砂川さんの歌を聴いてくれてありがとう。それではまた会いましょう。バイバイ」とお馴染の大山の声だった。声優の仕事を続ける意思も示しているという。

短いセリフなどで復帰することは可能

   日本認知症学会専門医・月島クリニックの細野克彦院長は「血管性認知症の可能性が高い」とみて、「脳梗塞などによって神経細胞が破壊されていることが原因で、順序立てて物事を進められないが、脳の他の部分は正常なのでセリフなどを話すことは可能。短いセリフなどで復帰することは大丈夫ではないか」と話している。

   司会の小倉智昭「ドラえもんの声の出し方は忘れていないんですね。砂川さんと大山さんは同い年ですから老老介護ですよね。大変だと思います。仕事を少しずつやって、症状がよくなることもあるんだと思うので大事になさって下さい」

   きのう13日(2015年5月)、この一報を聞いたファンがSNSに書き込んだコメントの中にこんなのがあった。「ドラえもん、何とかしてくれ!!」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中