「ジャーマンシェパード」女性とポメラニアン噛みつき大けが!助けもせず飼い主立ち去り

印刷

   札幌市で先週9日(2015年5月)、大型犬が散歩中の女性と小型犬ポメラニアン3匹を襲ってけがをさせたが、飼い主は何も告げずに立ち去った。女性は腰あたりをかまれ、ポメラニアンの1匹は何度もかまれて17針も縫う大けが、1匹は逃げ帰ったが、もう1匹は逃げる途中に車にはねられ死亡した。

札幌で9日「年齢65~75歳、身長165センチ位の白いジャケット男」

   襲った大型犬はジャーマンシェパードのようだったという。ジャーマンシェパードだとすると、体高60~65センチ、体重は30~40キロとポメラニアンの10倍はあり、警察犬にも使われる。

見かけた人連絡を!

   その場で謝りも助けもしなかった飼い主の男は、年齢65~75歳、身長165センチぐらいで、白いジャケットを着ていた。現場には銀縁のメガネが落ちていた。

   かまれた女性がチラシを作って情報を求めると、そのことがネットで広がり、警察も女性立ち会いで実況見分し、札幌市畜犬条例違反の容疑で捜査を始めた。市条例では5万円以下の罰金か科料だが、女性にけがさせているので過失傷害罪が適用されると30万円以下の罰金もしくは科料にあたる。

   司会の小倉智昭「ジャーマンシェパードは一見温厚そうな犬だけれど、何か起こったら怖い。北海道は広いから大型犬を飼う人が多いのですよ。見かけた人はいると思いますけどね」

   ショーン・マクアードル川上(経営コンサルタント)ショーン川上「ヨーロッパでは宅配便の運転手に吠えただけで訴訟になる。日本はペットに関しては後進国です」

   卑怯な飼い主、早く出てこい。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中