相葉雅紀主演「ようこそ、わが家へ」撮影現場に高級和牛弁当90個!他のメンバーが差し入れ

印刷

ミュージックステーション(テレビ朝日系5月15日よる8時)>相葉雅紀の月9初主演ドラマ「ようこそ、わが家へ」の主題歌「青空の下、キミのとなり」をテレビ音楽番組で初披露した。歌の前に相葉雅紀がこんなエピソードを紹介した。

「あのう、僕1人のドラマの撮影現場のところに、こないだ嵐のみんなが、お弁当を差し入れしてくれたんすよ」

   黒毛和牛専門店ミート矢澤の「矢澤ステーキコンボ弁当」で、1つ3200円、ペットボトルのお茶付で、スタッフの分も合わせて90個を差し入れたという。しめて28万8000円だ。さすがに当節一の売れっ子グループだけある。

「お礼のメールしたらリーダーにだけなぜか届かない」

   実はこの差し入れには理由があった。フジテレビ系「VS嵐」で、嵐チームとドラマ「ようこそ、わが家へ」チームが対戦し、嵐チームが負けたら「ようこそ」の撮影現場に弁当を差し入れるという罰ゲームになっていたのだ。首尾よく嵐が敗けて(わざと負けたのかもしれない)、大野智、松本潤、二宮和也、櫻井翔が約束を守ったということだった。

   これには後日談もあった。感激した相葉は「すげえ嬉しくて。4人にお礼のメールを返したんですよ。一斉送信で。そしたら、1通だけ返ってくるんすよ。それがリーダーなんすよ」

   大野リーダーはかなり前にメールアドレスを変更してなのだが「いや、教えてなかったんですよね。もうけっこう前から。メンバー同士だからしょっちゅう会えるし。あとマネジャーが伝えてくれてんだろうとか、勝手に解釈してた」

   クールな大野らしい。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中