ジョニー・ディップ「動物検疫」受けずに愛犬持込み!オーストラリア農相「殺処分するぞ」

印刷

   米俳優ジョニー・デップが動物検疫を通さず愛犬のテリヤ2匹をオーストラリアに持ち込み、農相が批判する騒ぎになった。プライベートジェットでオーストラリア入りしたデップ夫婦と愛犬は入国したが、ワンたちをトリミングのためにゴールドコーストのドッグサロンに連れて行き、そこで検疫を受けていないことがばれてしまった。

米国に送り返し

   オーストラリアに動物を持ち込むときは、検疫のため到着後10日間隔離されたり、予防注射なども種類が多い。デップはそれを面倒臭がったのかもしれない。ジョイス農相は「わざとオーストラリアの検疫を無視した」と批判し、すぐに米国に送り返さなければ殺処分する可能性もチラつかせた。さすがに殺処分は免れて、米国に戻ったという。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中