2018年 11月 16日 (金)

鼻パッドないメガネ「こんなのあるんだ!大賞」女性の要望受けて開発10年

印刷

   福井県越前市のメガネ店「ブリッジ」が開発したメガネが画期的だということで、地元でしか知られていない商品のコンテスト「第1回こんなのあるんだ!大賞」で優勝した。このメガネは鼻パッドがなく、かわりに左右のツルのこめかみあたりから頬骨あたりに伸びる「サイドパッド」で固定する。5つの国と地域で特許取得したそうだ。

サイドパッドで固定し「まったくずれない」

   「パッドが鼻に当たらず、化粧が崩れないメガネはないか」という女性客の要望を受けて、10年をかけて開発した。また、運動中もズレにくい。掛けてみた石井大裕アナは「(頭を上下に動かしながら)ヘビメタでも大丈夫ですね」「まったく(ずれない)。ここ(パッドが当たるこめかみの部分)もまったく違和感ないですね」

   7月(2015年)から発売予定だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中