FIFAカネまみれ!そしてみんな捕まった・・・開催国見直しでサッカーW杯日本に!?

印刷

   国際サッカー連盟(FIFA)の副会長らを収賄容疑で逮捕・起訴したアメリカ司法当局は、5選を果たしたゼップ・ブラッター会長からも事情聴取するという。捜査・内偵は長年にわたっていたことがわかる。1991年からの24年間に総額185億円以上の賄賂が代理店などからFIFA幹部に渡り、とくに2018年のW杯ロシア大会、22年のカタール大会の決定に疑義ありとしている。

不正資金でニューヨークにネコ用マンション

   伝えられる逮捕者たちの豪奢な生活には驚きだ。ジェフリー・ウェブ副会長はアメリカ・ジョージア州に1億2000万円の別荘を持ち、近くに別に2つの別荘を持っている。ベネズエラサッカー連盟のエスキベル会長はフロリダに3つの別荘など6000万円、コスタリカサッカー連盟のリ会長もフロリダに7000万円の別荘を所有する。

回ってくるかも・・・

   司会の小倉智昭「見積もりが低いような気がする」

   たしかに、フロリダに6000万円の別荘ではたいしたことない。

   また、2010年のW杯南アフリカ大会で、ジャック・ワーナー副会長は南ア政府から12億円の賄賂をもらっている疑いがある。彼の側近の元理事は25億円の不正資金を得て、ニューヨークにネコ用のマンションを借りたとか。

米司法当局「18年ロシア大会、22年カタール大会」重点捜査

   小倉「このニュースは頭に血が上る。会長は再選されましたけど、大丈夫なんですか」

   笠井信輔ニュースデスク「米当局はブラッター氏からも聴取する予定としていて、焦点は18年と22年のW杯開催決定の経緯にあると見られます」といってから、「カタールの時は日本も立候補してました。もし妙なことになると、日本に開催が回ってくる可能性なきにしもあらず」なんて無責任なことをいう。

   小倉「お金の世界ですから、情けないですよね」

   菊川怜キャスターが「スポーツマンシップが・・・」といったが、そんなものはじめからあるもんか。サッカーW杯はスポーツイベントというより、いまや巨大なビジネスだ。

   まあ、金の使い方を見れば人品骨柄がわかる、とはよくいったものだ。バブル期の長者たちも、高級車、マンション、自家用ジェット機、競馬の馬主が相場だった。発想が貧しいね、とビンボー人がいっても迫力ないかな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中