錦織圭ベスト4ならず!全仏準々決勝「らしくないテニス」・・・ミス目立ちイライラ

印刷

   司会の小倉智昭が「いやあ、惜しかった」と開口一番。つい4時間前に終わったテニスの全仏オープン準々決勝で、地元フランスのJ・W・ツォンガ(30)と対戦した錦織圭(25)は、フルセット3時間44分の熱戦の末に敗れた。「フルセットでの勝率では一番だったんですが」と、小倉はどうやら寝ずに見ていたらしい。

電光掲示板落下で30分以上試合中断

   錦織にしては珍しくミスの多い試合だった。いらだった錦織がラケットをコートに投げつけるしぐさもかっこよく収まらない。2セット続けて落とし、次の2セットを取り返してタイにもちこんだものの、最後を詰め切れなかった。

   錦織はクレーのコートを得意としていたはずで、彼のテニスにも合っているといわれていた。マイケル・チャンコーチも同じタイプのプレーヤーで、全仏でチャンピオンになっている。その分の期待もたしかにあった。

フルセット強いのに・・・

   試合前半の不調は強風のためだったとも見られると、木下康太郎プレゼンターは言ったが、風は相手にだって吹く。ただ、2セットの途中で、風のため電光掲示板が落ちて観客がケガをするというハプニングがあって、30分以上も試合が中断した。ここから錦織が勢いを取り戻したという。

完全アウェー!凄かったブーイング

   小倉「悔しかったと思いますよ。ツォンガはランキング15位で、いまは錦織選手より下ですが、メジャー大会での実績がある。全豪で2位になったことあるし、この全仏でもベスト4、ベスト8。手強かったですね」

   木下「今大会随一の熱戦といわれてます」

   小倉「ツォンガのファンばかりという感じだったね。(ミスに)いらいらして錦織がラケットを投げつけたときのブーイングがすごかった」「ここまでツォンガ・ファンだと、いや~な感じだったかもしれない。次に期待しましょう」

   今月末にはウインブルドンがある。今度は芝だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中