「枕営業は不貞とはいえない」の迷裁判官!法廷でも仰天発言「ソープランドと同じ。請求なんてできない」

印刷

   週刊誌は「奇想天外」な迷判決を出した始関正光裁判官に感謝すべきであろう。銀座のクラブのママが上客に来てもらいたくて月に何回か関係を持った。そのことを知った客の妻がママを相手取って損害賠償を求めて提訴した。理由は、夫の不貞行為のために夫婦の信頼関係は危機に瀕し、別居生活に至ったからだというものである。

   このことは夫も認めている。しかし、件のママのほうは、客は本当の不貞の相手を隠すために自分のことを持ち出したのだと反論している。そこで始関裁判官はこのような判決を下したのだ。

「ソープランドに勤務する女性のような売春婦が対価を得て妻のある顧客と性交渉を行った場合には、顧客の性欲処理に商売として応じたに過ぎず、何ら婚姻共同生活の平和を害するものではないから、(中略)妻に対しては不法行為を構成するものではないと解される」

   クラブのママやホステスは、顧客を確保するためにさまざまな営業活動を行っており、客の要求に応じて性交渉をする「枕営業」と呼ばれる営業活動をする者も少なからずいることは「公知の事実」だから、結婚生活の平和を乱したとはいえないとして、妻側からの請求をあっさりと棄却してしまったのである。『週刊新潮』は<枕営業は正当な「業務」であり、銀座のクラブの料金は、客との同衾を見越して設定されているという空前の「迷判決」>だと仰天している。

   夜ごと銀座に繰り出していたときにこの判決を知っていたら、ホステスに料金にはセックス代が含まれているのだから、これからオレとホテルへ行かないと過剰請求で訴えるぞと言えたのに...。

   妻の代理人の青島克行弁護士によると、始関裁判官は法廷で「何を根拠に請求するのか。これはソープランドと同じで、慰謝料請求なんかできないだろう」といい放ったというのだ。最高裁の判例では、どんな事情があれ、既婚者と分かっていて関係を持てば相手の家庭を壊したという理由で慰謝料が認められていると主張する。

   もし、この妻が夫を訴えたらどうなったのだろうか。始関裁判官は枕営業に応じただけだから不貞ではないといって棄却するのだろうか。原告側はあきれ果てたのか控訴しなかったそうだが、高裁ではどんな判決が出るのか聞いてみたかった。

   このような裁判官なら、妻の浮気に対して慰謝料を要求する夫に対して、「妻というのはカネで買われた売春婦だから、他の男と愛情を持たない性交渉を持ったとしても、それだけで夫婦の平和を乱したとはいい難い」などという判決を下すかもしれない。

北大路欣也夫婦「超高級老人ホーム暮し」夜景見ながらシェフのディナー、ジャグジー、完全健康管理・・・

   北大路欣也は大俳優である。最近は「三匹のおっさん」(テレビ東京系)でコミカルな演技を見せて人気だが、『週刊ポスト』によれば、北大路はいま妻とともに介護付有料老人ホームで暮らしている。その老人ホームは都内にあり、高級ホテルさながらの設備を誇っているそうだ。ロビーには高級ソファーが並び、食事は都会の夜景を見下ろすダイニングで専属シェフの手による日替わりメニューを味わえるほか、ジャグジーやラウンジなどを備えている。

   当然ながらホームドクターと専属の看護師がいて、健康管理は万全なうえ、介護が必要な状態になった時にはケアスタッフによる介護を受けられる。サービスも施設も至れり尽くせりだそうだ。だが、入居には一時金として数千万円、加えて食費など月々の費用が数十万円かかる。

   北大路72歳、妻は66歳だそうだ。週刊ポストによれば、北大路夫婦が元気なうちに老人ホームに入る決断をしたのは、両親(父親は東映時代劇の大スター・市川右太衛門)のことが影響しているそうである。

   老いた両親の安全と安心を常に確保でき、命の尊厳をいつでも守れる環境を提供しなければならないと考えていた北大路は、自分の足で親の終の棲家探しをした。そして巡り会ったのが千葉県館山市の老人保健施設であった。そこで父は92歳、母は95歳で大往生した。母は90歳を過ぎて足取りが覚束なくなっても、夫のためにコーヒーを入れていたそうだ。

   そんな両親の晩年こそ、北大路にとって理想の夫婦の生き方なのであろう。ちょっといい話である。

ヒゲの殿下・三笠宮寛仁親王薨去から3年...名前を口にするのも嫌?母娘の確執

   皇室の話題が多いこの頃だが、今度はヒゲの殿下として人気の高かった三笠宮寛仁親王が薨去して3年が経つが、その妻・信子さんと2人の娘、彬子さんと瑤子さんの仲がよくないと週刊新潮が報じている。

   信子さんは麻生太郎財務相の妹で、寛仁親王と熱愛の末ゴールインしたのだが、<「寛仁親王がアルコール依存症を公表されたあたりから、関係が悪くなったといわれています」(皇室担当記者)>。その頃、寛仁親王が信子さんの「臣籍降下(離婚)」を口にすることもあったという。

   その後、信子さんは病気のためと称して宮邸を出て別居する。寛仁親王はがんを患い薨去されるが、寛仁親王の遺志か2人の娘たちの意思か、親王の臨終に立ち会うことはできなかったという。葬儀の喪主も信子さんではなく彬子さんだった。遺族同士の話し合いはなく、寛仁親王家は廃止、遺族は三笠宮本家に合流することが決まった。最近発売された雑誌『正論』のインタビューで、彬子さんが父親のことを話しているが、実の母親については一切触れていない。

   秋篠宮家の母と娘のいい争いや、このような実の母と娘の確執を読んでいると、つくづく皇室は日本社会の縮図だということがよくわかる。

振り込め詐欺師たちが舌なめずりしている流出年金情報125万件!マイナンバーも危ない

   最近、これほど腹が立ったことはない。年金情報125万件流出事件である。日本年金機構が無責任な人間たちの集まりだということはわかっていたつもりだが、これほどとは思わなかった。理事長が謝れば済むという話ではない。刑事事件にして、責任者たちを引っ括ってほしいと私は切に思う。

   週刊文春で年金機構の関係者が<「年金記録は、勤務先や年金受給額が決まる「標準報酬月額」、年金の振込口座などの情報も一元管理されています」>と話しているから、氏名や基礎年金番号、住所などとともにこれらの情報も漏れた可能性が高い。

<「これらの情報がわかれば、現役時代のだいたいの年収もわかってしまいます。悪徳業者の営業などにも流用されかねません」(社会労務士の北村庄吾氏)>

   「振り込め詐欺」師たちにとっては宝の山。ますます被害が大きくなることは間違いない。こんな杜撰なことをしているのに、今年の10月からは国民一人一人に番号を付けて社会保障や税だけではなく、その人間の医療情報など何でも入れ込んで一元管理する「マイナンバー制」が通知され、来年1月から運用開始する予定なのだ。

   ふざけるなである。甘利明社会保障・税一体改革担当相は「(関係職員の目に触れる)業務情報とマイナンバーは全く別の場所で管理され、しっかりファイヤーウオールが敷かれている」といっているが、信用するものか。この連中より、不正アクセスして情報を盗み出すIT盗人のほうが何倍も頭がいいことは間違いない。もしマイナンバー情報が流出したら、時の総理は頭を丸め辞任するという文言を入れなければ、こんな制度を拙速に導入するべきではない。

戦後70年「官能小説」ベスト1はどれだ!摘発の時代、純文学から転向組時代、女性作家時代・・・

【おまけ】週刊現代と週刊ポストのセックス記事比較。まずは週刊ポストから。これまで1万冊以上の官能小説を読破してきた官能小説評論家の永田守弘氏(82)による「官能小説の戦後70年史」だ。永田氏にいわせると、終戦から1950年代は度重なる摘発でかえって性表現が磨かれたという。代表作には田村泰次郎の「肉体の門」や伊藤整訳の「チャタレイ夫人の戀人」をあげている。

   60年代から70年代は川上宗薫や富島健夫氏ら純文学からの転向組が増えたのが特徴だという。そして80年代から現在までは「不倫」「熟女」「回春」が流行していると見ている。

   また、80年代になると女性作家の活躍が目立ってくる。78年に25歳でデビューした丸茂ジュンは中村嘉子、岡江多紀とともに「美人ポルノ作家御三家」と呼ばれた。だが、特別新しい視点のない特集ではある。

   週刊現代も「名もなき『性の探求者』たち」と、これまた新味のない特集。ちょっと目を引いたのがオナニーグッズ開発に4000万円もかけた男の話である。いまや日本が世界に誇る一大ヒット商品に成長したスーパー・マシン。その名は「Men's SOM」というそうだ。1台約4万5000円と高価ながらも、日本をはじめ中国、ヨーロッパで好評を博し、これまでに約5万台を売り上げたオナニー・マシーンだという。

   <しっかりとした台座に、力強くスライドする可動部が取り付けられている。代表的なタイプでは、可動部の先端にある、女性の手を模したやわらかなカップ部分が、男性のペニスをしごきあげる。

   アダルトグッズ界の「最上位機種」と呼んでも過言ではないが、開発したのはグッズメーカーではない。通信販売の受注や問い合わせなどを受けるコールセンター業務を本業とする企業なのだ>(週刊現代)

   製造元のマシン開発室長T氏がこう語る。<「弊社は業務の性質上、女性社員も多く、自社で究極のオナニーマシンを開発・販売していることは現在も極秘なのです」>

   きっかけは同社の社長が、仕入れ値は安価なのに高く売れるアダルトグッズの販売に目を付け、自分のところで開発しようといったからだそうだ。

   4万5000円のオナニーマシーンって、そうとう気持ちいいのだろうか。作家の野坂昭如氏が若いころ、女とやるよりも自分でマスをかくほうが気持ちいい、だいいち面倒くさくないといったことがあるが、そういう気持ちが今になってわかってきた。1台買ってみたいが、それにしても高いなあ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中