ギャングになりきり・・・GTA実写映像のリアリティー!強盗や銃撃戦

印刷

   リアルなゲームとして知られる「グランド・セフト・オート(GTA)」の世界を実写映像化した「Real GTA」という動画が、YouTube(ユーチューブ)で再生700万回を超え注目を集めている。

   「GTA」は強盗や殺人もいとわないギャングのライフスタイルを体験できるクライムアクションゲームのシリーズで、最新作の「GTAV」は全世界で5000万本以上を売り上げ、日本国内でも知名度はさほど高くないが、ミリオンセラーの大ヒット作品となっている。ユーチューブやニコニコ動画のトレーラー映像やプレイ動画の注目度も高い。

ロサンゼルスをモチーフにした架空の都市

   その「V」の舞台となっているのがアメリカのロサンゼルスをモチーフにした架空の都市「ロスサントス」なのだが、「Real GTA」は「ロスサントスは実在する」をキャッチフレーズに、ロサンゼルスを舞台にロスサントスの世界を描いている。

   グリフィス天文台やヴェニスビーチなど、ゲームがモチーフにした場所で撮影を行い、ゲームの「基本」となるクルマの窃盗(強盗)や主人公が人に殴りかかったり、敵と銃撃戦を展開する様子などを忠実に再現している。

動画に関連して、いわゆるメイキング映像https://www.youtube.com/watch?v=FlJRX4blraIも公開されているが、基本的にはGoProカメラを自撮り棒よろしくポールに取り付けて撮影するといったシンプルな方法で撮影していることにも驚かされる。
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中