安倍内閣に再び年金の悪夢!第1次退陣時の縁起悪い「A級戦犯お友達」が担当大臣

印刷
「政権が吹っ飛びかねない問題だぞ」

   『週刊文春』によれば6月4日(2015年)の自民党の厚生労働部会で、ベテラン議員のこんな怒声が響き渡ったという。公的年金の給付などを行う特殊法人・日本年金機構がウイルスメールによる不正アクセスを受け、基礎年金番号や氏名など125万件の個人情報が流出した事件のことである。

   安倍首相の頭には、第一次安倍内閣で納付者を特定できない国民年金や厚生年金が5000万件以上あることが発覚して、社会保険庁が解体され、世論の猛反発を受けて退陣に追い込まれたあの「悪夢」が甦ったに違いない。

   当時の官房長官は「お友達」の塩崎恭久氏で、彼は政権を崩壊させた「A級戦犯」といわれたが、今回の流出事件の担当もやはり塩崎厚労相だった。歴史は繰り返すようである。

   週刊文春によれば、5月8日に福岡・博多にある日本年金機構九州ブロック本部の職員が「厚生年金基金制度の見直しについて(試案)に関する意見」と題されたメールを受信し、その職員が自分のPCでメールを開いたことから始まったというが、この組織のセキュリティの甘さと対応の遅さには腹が立つより呆れてしまう。後で触れるが、年金だけでなく、すべての情報を一括管理しようと国が企む「マイナンバー」だったらと思うとゾッとする。

   この機構の責任者・水島藤一郎理事長の引責辞任は当然だが、この情報が悪用されて被害が発生しても「補償しない」と塩崎がいい放ったのには驚いた。すぐに審議官が補償する意向を表明したが、こんな輩は即刻クビにすべきである。

   年金機構には問い合わせが殺到しているそうだが、その対応には知識もないアルバイトが集められ、何の根拠もないのに「悪用される心配はございません」とたどたどしく答えているそうだ。

   漏洩した件数は125万件以上あるのではないかともいわれている。漏れた「基礎年金番号」「住所」「氏名」「生年月日」だけでも、犯罪に利用するプリペイド式のレンタル携帯を借りることができるなど、「十分悪用ができる」と詐欺事件の前科を持つ某氏が話している。また、みんなが自分の情報が漏れているのではないかと心配しているだけに、ジャーナリストの多田文明氏のいうように「詐欺に遭う可能性が高まる」ことは間違いないだろう。

   国民のあらゆる情報を一元管理するマイナンバー制度は13年に成立しており、来年1月から税、社会保障、災害対策の3分野で実施されることになっているが、国のセキュリティの甘さが露呈したいま、即刻中止すべきだ。このような制度を実施しているアメリカなどでは、なりすましによる税の不正還付や社会保障番号の売買などの実害が出ているのだから。

   白鵬大学の石村耕治法学研究科長のいうように「制度の構想を始めた二十年前ならまだしも、今ではマイナンバー制度は時代錯誤」だから、白紙に戻して考えるべきである。

「安保法制」憲法学者からダメ出し審議進まずで「強行採決2連発」で内閣総辞職?

   国会でつまらぬヤジを飛ばして謝罪するなど、居丈高な態度が目につく安倍首相だが、彼が何としてでも成立させるとしている安保法制の核になる「集団的自衛権の行使」が、ここへ来て保守派の憲法学者からも「違憲」だとされ、『週刊新潮』によれば「棺桶に片足を入れた」状態になってしまったようだ。

   憲法審査会に呼ばれた3人のうち、自民党推薦の長谷部恭男早稲田大学大学院教授までが「集団的自衛権の行使は許されない」と発言したのに、よせばいいのに菅官房長官は会見で「違憲じゃないという著名な憲法学者もいっぱいいる」と発言してしまった。

   翌日、朝日新聞の記者が「憲法学者とは具体的に誰のことか」と質問されて、菅は「有識者(安保法制懇)にも憲法学者がいた」と答えたが、記者から「安保法制懇に憲法学者は1人。いっぱいではないのでは?」とたたみかけられしどろもどろになってしまったと週刊新潮が報じている。

   何としてでも8月頭までには成立させたい安倍首相だが、専門家からはダメを出され、支持率もだんだん下落しているなかで強行採決などしたら、それこそ日米安保条約で辞任した岸信介の二の舞になる。さらに、7月には北朝鮮による拉致問題再調査の回答期限が来るが、ゼロ回答になったら支持率急落は間違いない。

   ここへ来て日銀の黒田総裁がこれ以上の円安に懸念を表明するなど、安倍組内部からも不協和音が聞こえてくる。第二次安倍内閣の断末魔は近いのかもしれない。

   そんな安倍首相に「マスゴミ」のトップたちがいまだに擦り寄っていると『週刊ポスト』が批判している。中味は今までと同様、NHKの安倍寄り偏向報道や大新聞の社長や記者たちが手もみして安倍と会食していることへの批判、週刊誌発の政治家のスキャンダルを、初出を明記しないで「〇〇日、??政治家に問題があることがわかった」とパクる大新聞は恥ずかしくないのかと怒っている。

   週刊ポストのいうことはいちいちもっともである。日本の新聞やテレビのエライさんたちは、安倍のような権力者とメシを食うことが「権力と同化する」ことだととらえられないとは、貧すれば鈍するということなのであろう。私は今の大メディアに何一つ期待してはいない。

小泉純一郎「原発ゼロあきらめない」世界一安全というならアメリカと比べてみよ!

   『週刊朝日』が小泉純一郎元首相が6月4日に鹿児島市で「原発ゼロをあきらめてはいけない」という主旨で講演したと報じている。鹿児島にはこの夏にも再稼働が予定されている川内原発がある。講演は大盛況だったらしいが、地元メディア以外であまり報じられなかったのは、経済産業省が対策を講じたからだという。それはこうした理由だと経産省の幹部が語っている。

<「鹿児島の桜島が今年に入って600回以上も噴火し、もうもうと煙を上げている中、5月末に口永良部島の噴火のニュースを見て、あちゃーって天を仰いだよ。川内原発に影響しますよ、これはきっと。省内で聞いた話ですが、実はけっこう危ない」>

   この「けっこう危ない」がどういうことを指すのかよくわからないが、文脈からいけば、口永良部島の噴火はもっと大きくなる危険があり、川内原発再稼働に影響を与えるのではないかということだろう。

   小泉氏の持論はいまさらここで書くまでもないだろう。息子の小泉進次郎もこのところ鳴かず飛ばずで、反安倍や反原発で動いているという話も聞かない。小泉氏が、原子力規制委員会の審査に対する疑問を呈したところは傾聴に値する。<「政府は「世界一厳しい審査基準で安全が確保されたから再稼働する」と言うが、世界一の基準だと言うならアメリカと比べてみればいいでしょう。第三者を入れて。どこが世界一厳しいのか、ということを調査して公開すればいい。マスコミが黙っているのも不思議です」>

   安倍のポチに成り下がったマスゴミに期待しても無理だろうが。

金食い奇天烈「新国立競技場」採用した安藤忠雄に説明責任あり!週刊新潮の取材に逃げ回り

   東京五輪の目玉である新国立競技場建設に赤信号が点りはじめ、IOCも危惧を表明する事態になっている。すでに、建築家の槇文彦氏が会見を開いて計画の見直しを唱え、波紋は大きく広がってきている。

   週刊新潮は「昆虫のように伸びたスロープがJR線の上をまたいでおり、また高さも制限をオーバーするなど、公募条件から大きく逸脱していた」(新国立コンペの審査員の一人)、ザハ女史のデザインを委員長権限で採用した安藤忠雄氏にも「罪」があると批判している。

   何しろ、この奇天烈なものをデザイン通りに建設すると予算は2500億円を越え、工期も間に合わないといわれているのだ。五輪の1年前にラグビーW拝が行われるが、その会場として使うためには、デザインを縮小して屋根つきでないものにしないと間に合わないそうである。

   このザハ女史はSF映画のような現実離れしたデザインが多く、<「『建てた建物より実現しなかったプロジェクトの方が有名』『アンビルト(建築されない)の女王』などと言われていました」(建築ジャーナリスト)>

   その上、今回のコンペでも神宮外苑を下見するでもなく、よって環境との和などを考慮した形跡は微塵もないそうだ。五輪のメイン会場の建設費はアテネが約300億円、北京でも約650億円、ロンドンは約700億円というから、新国立の建設費がいかにバカ高いかがわかる。

   当然、なぜこのようなデザインを選んだのか、東京都民だけではなく国民に対しての説明責任が安藤氏にはあるはずだ。だが、週刊新潮の取材にこう答えている。<問題点を並べ立てると、「いいから、来んといてくれや。はい、さいなら・・・。ええ加減にせえや! もう帰れよ!」>

   これを読む限り、世界的な建築家であり、日本を代表する知性をお持ちの方とはとても思えない。昔、日本テレビで大橋巨泉氏が「こんなモノいらない!?」という番組をやっていたが、そういいたくなる新国立競技場を巡る迷走ぶりである。

AKB柏木由紀と「NEWS」手越祐也 寝乱れたベッドの前で親密ツーショット

   AKB48の総選挙が終わり、指原莉乃(22)が2年ぶりに女王に返り咲いたそうだが、指原と首位を争ったのが柏木由紀(23)だった。週刊文春は以前彼女がJリーガーやAV女優と合コンをしていたと報じたが、今週はジャニーズグループ「NEWS」の手越祐也(27)なる若者と親密にしている写真を2枚グラビアページに掲載している。

   1枚は苗場のスキー場で撮られたものだそうで、2人がスノーボードブランドに身を包んでポーズをとっている。週刊文春は「背後には乱れたベッドが」と書いているが、私にはよくわからない。もう1枚は箱根の高級旅館だという。全室に露天風呂がついているという部屋で浴衣姿の2人。柏木に手越が腕を回している。どちらも「恋人同士」といわれればそう見えないこともない表情ではある。

   もはやAKB48のスキャンダルには食傷気味だ。ところで、以前に週刊文春が報じた、AKB48の事務所にいた人間が彼女たちを隠し撮りしていた「事件」はその後どうなったのだろう。着替え姿やトイレの盗撮写真もあったという超弩級のスキャンダルだったが、ぜひ、あの事件のその後を報じてほしいと思うのだが。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中