佐藤浩市「愛を積むひと」舞台あいさつで涙!妻からサプライズ手紙「あなたを1人にしない」

印刷

   おととい20日(2015年6月)に行なわれた映画「愛を積むひと」の舞台挨拶で、主演の佐藤浩市が突然涙をボロボロ流した。映画は第2の人生として北海道に移り住んだ夫婦の物語で、これからというときに樋口可南子演ずる妻が亡くなってしまう。その後、亡くなった妻からの手紙が次々に見つかって、手紙に導かれて夫は生きる希望を見いだすというものだ。

「自分が死んだら保険金で好きな映画をつくってね」

   キーワードは「妻からの手紙」ということで、舞台挨拶で佐藤の奥さん(会場にいた)からの手紙が披露された。司会からいわれた佐藤は「うちの?」とけげんな顔をし、手紙を手にした樋口は「そう、読ませていただきます」。佐藤は「いいですよ」と照れる。

小倉さんにも...

   内容がすごかった。「結婚した当初、身体があまり丈夫でない私は、『自分が死んだら保険金で好きな映画をつくってね』と、あなたにいったことがありました。勿論、当時はまだ若く、死という存在が遠くにありました」

   ここまで読んで樋口は絶句、目には涙。

「でも、自分が浩市さんよりも先に逝ってしまうような気がしたのは本当です。今の私は違います。役者の仕事しかできない浩市さん。(中略)私は浩市さんを1人にしないように、浩市さんよりも1日でも長く生きることを約束します」

   佐藤も目を潤ませて涙をぬぐった。

佐藤「宣伝部がこんな姑息なことを考えるとは...」

   司会の小倉智昭「これ、スポーツ紙に全文が載ってるんですよ。それを読んだとき、本人でもないのにホロリとしましたからね」

   佐藤は「宣伝部がこんな姑息なことを考えるとは」といって笑わせた。

   ニュースデスクの笠井信輔が突然、「23年前、佐藤さんは奥さんに手紙を書いて、ボクはあなたを一生愛しますといっていた。で、小倉さんにも奥様から」と内ポケットに手を突っ込んでみせた。即座に「ウソでしょう」と小倉。

   「ハイ」と笠井が抜き出した手にはなんにもなし。(爆笑)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中