ボウリングが東京五輪種目になったら・・・出場希望者全員、全国津々浦々で国内予選

印刷

   東京オリンピックの追加競技の候補のなかにボウリングが入っていた。これで勢いづいているのがボウリング連盟だ。日本全国だれでも予選に参加できる代表選出になるという。

   はしゃいでいるのは全日本ボウリング協会(東京・港区)会長の武部勤氏(74)だ。ご存知、元自民党幹事長だ。「ボウリングこそわが人生といっても過言ではないと思います」という通り、ボウリングの競技歴55年と大ベテランである。その口から飛び出したのは、「極端にいえば、全ボウリング場で一次予選大会をやりたいんです。プロもアマも、日本人なら誰でも参加できる。東京だけじゃなくて、全国が盛り上がる」

早くも盛り上がるボウリング場の中高年「出たいねえ」

tv_20150624125902.jpg

   ただの予選じゃない。オリンピックなのだ。

   これがすでに伝わっていて、各地のボウリング場はどこも湧いていた。とりわけ高齢者が元気。70代は当たり前、80代、90代でも現役はたくさんいる。千葉・松戸市のボウリング場では「腕は届かないけど、できるんなら出たい」「ぜひ出させてもらいたいね」と70代男性たちは張り切っている。

   全国長寿ボウラー番付で横綱の奥谷賢一郎さん(91)は毎日3ゲーム投げているという。83歳のときに248を出した。「120歳くらいまで投げたいの」。渋谷区の三輪清さん(70)はボウリング歴40年。カメラの前で4連続ストライクを含むトータル237を出してみせた。「うれしいね。年寄りでもオリンピック選手という可能性が出てくる」と、最高齢出場を目指すという。

   VTRを見ていた司会の小倉智昭「こういっちゃ失礼ですけど、ピンよりボウラーが倒れそう(爆笑)。底辺の広いスポーツは代表を決めるのが大変だから、いろいろな組織がある。全員参加したらえらいことになっちゃいますよ」

   木下康太郎アナ「スタジオのみなさんも視聴者のみなさんも、もしかしたらオリンピックに出られるかもしれない」

   五輪といえば、強化選手とか五輪選考会がどうとかと、それ自体が選ばれた人たちのものというイメージだが、ボウリングとなるとまったく違う。武部氏がいう通りなら、地区大会、都道府県大会、ブロック大会、全国大会ともろに勝ち抜き戦になる。

昨年の全日本選手権の優勝スコアは244

   木下「小倉さんも出られます」

   小倉「ひまがないよ。だいたいプロとか日本チャンピオンとかは、最終選考会くらいからやらないと」

   笠井信輔ニュースキャスター「武部さんの考えは、あなたもオリンピックに出られますよということ」

   ちなみに、昨年(2014年)11月の全日本選手権の優勝スコアは244だった。これ以上のスコアを出したことがある人はいくらでもいるだろう。

   小倉「これは調子が悪かったと思いますよ。どうだろうね、選ばれるかねえ」

   日本は「開催国枠」で男女1人づつの出場は確保されるだろうが、他の国は国内選考に加えて世界のエリア代表を選ばないといけないだろうし、IOCがウンというかどうか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中