二宮和也「ポッコリお腹」これは役作りのためなの...苦しい言い訳に松潤厳しくツッコミ

印刷

   <VS嵐(フジテレビ系6月18日よる7時)>嵐のメンバーがゲーム対決するバラエティー番組で、この日のゲストチームは映画「ストレイヤーズ・クロニクル」の出演者たちだ。岡田将生、成海璃子、白石隼也、鈴木伸之、黒島結菜、柳俊太郎と人気俳優がずらりと顔をそろえた。

   黒島が嵐ファンの母親からことづかったメンバーへの質問「小さい頃の夢は何ですか」をぶつける。櫻井翔は「サッカー選手」、松本潤は「プロ野球選手になって、いい車に乗っていい家に住むことです」。二宮和也は「僕もプロ野球選手でした」

   ここで相葉雅紀が「ヒゲの生えた社長になるのが夢」と笑いを取る。相葉チャンいいねえ。リーダー大野智は「パン屋さんになるのが夢でした。優しいパンの匂いで人々を喜ばせたかったです」とさすがちょっと違う。

   櫻井が「お母さんは櫻井翔、もしくは大野智のファンですか。イエス、ノー、どっち」と質問すると、黒島の答えは「ノー」。「でも、妹が好きです。お二人のこと」とフォローするが、2人はガックリ。大野は「じゃ、おとうさんは?」と方向転換する。

   黒島「お父さんは大野さんです」

   「オー」と沸く会場。大野もドヤ顔になる。さらに落ち込む櫻井。

Tシャツめくり上げてニノ「じゃあ、見る?」

   柳が二宮主演ドラマ「弱くても勝てます」での共演エピソードを披露する。「生徒役のみんなを焼き肉に連れて行ってくれて、手品とかやってくれて。楽しかったんですけど。着替えしてる時 チラッと見たら、お腹出てて。そこまで先生として役作りしてるのかと思って、さすがだなと思いました」

   松本がニヤニヤしながら「それって、本当に役作りですよね」と突っ込む。

   ニノ「そりゃそうですよ」

   松本「今はその役じゃないから、スッとしているんだよね」

   ニノは「見る?」とTシャツをまくり上げ、これ以上できないくらい息を吸い込んでお腹をへこませる。ニノは山田洋次監督の映画「母と暮らせば」で長崎の原爆被災者役で撮影中だ。普段のポッコリお腹のままはありえない。オーバーにへこませてみせたが、役作りには励んでいるようだ。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中