2018年 7月 23日 (月)

年金情報流出「便乗詐欺」!有働キャスターの亡くなった母親にも電話「漏れてる。受け取れなくなる」

印刷

   101万4653人の年金情報が流出し心配されているが、そこに付け込む「便乗詐欺」が広がっている。70歳代女性に「国民年金機構」と名乗る男から電話がかかった。「あなたの年金情報が漏れています。家族構成、銀行口座、口座番号を教えて欲しい」と言う。さらに、弁護士を名乗る男から「年金情報が悪用される恐れがある。キャッシュカードのデータを消して元通りにするから暗証番号を教えて欲しい」と電話があり、女性は信じて教えてしまった。

   3日後、弁護士秘書を名乗る男が女性宅に現れ、4枚のキャッシュカードを手渡しし、銀行口座から300万円が引き出されてしまった。

年金機構の「情報流出通知書状」のニセモノも登場

   西堀裕美アナ「でも、この被害者の女性の年金情報は流出されていなかったんです」

   年金問題に詳しい竹田忠・NHK解説委員が説明した。「不審な電話は情報漏れの事例を利用して、高齢者の名簿にやみくもに電話を入れます。情報を取るための手口なんです。相手が自分の情報を聞き出そうとしたら、その時点で電話を切って、日本年金機構に問い合わせるべきです。いまは一人暮らしの高齢者が狙われています。この類の電話がなかったか、絶対相手にしないように、高齢者に教えて下さい」

   西堀「年金機構は流出したと思われる人に封書を配送し、その中でも『日本年金機構からみなさまに直接電話をすることはありません』と断っています」

   しかし、この書状がすでに悪用されている。「この書状のニセモノの最後の欄には『基礎年金番号と銀行口座を明記の上、返信して下さい』とあります。くれぐれもご注意をして下さい」

   有働由美子キャスターの家族も狙われた。「わが家は母が亡くなっているのに、『お母さんの年金情報が漏れています、受け取れなくなります』という電話があって、妹が不審に思って電話を切ったと言っていました」

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中