新幹線「自殺放火」乗客のジャケット焦げてボロボロ・・・車内走った炎

印刷

   きのう(6月30日)午前11時半頃、神奈川・小田原近くを走っていた東京発大阪行きののぞみ225号の1号車で、男が突然焼身自殺を図った。その直前、通路をうろうろしている不審な様子を大勢の乗客が目撃していたが、男は近くの女性に「逃げなさい」と声をかけてから、ポリタンクの液体をかぶり、ライターで火を放った。

犯人・林崎春生「遺書」なし―1週間前に仕事やめた

   男は東京・杉並区の林崎春生(71)で1人暮らし。動機などはわかっていない。杉並の近所の人の話では、1週間前に仕事を辞めたといっていたという。現場では持ち物のリュックサックも見つかったが、遺書のようなものはなかった。神奈川県警は自宅を殺人、放火などの容疑で家宅捜索した。

tv_20150701131152.jpg

   亡くなった女性は横浜市の整体師、桑原佳子さん(52)で、1号車と2号車の間に倒れていた。外傷もないことから、煙を吸ったためとみられている。事件の前、新幹線車内からフェイスブックに「伊勢神宮へ伺います」と書き込んでいた。

   列車は乗客が押した非常ボタンで小田原駅手前で停車した。地元の消防がかけつけ、一部乗客を列車の外に避難させたが、負傷者を運び出したのは午後2時ころだった。3時ころ小田原駅に入った。

新幹線車内でこんなことが起こるとは・・・

   司会の小倉智昭「日本が誇る安全な新幹線でまさかこんなことが起るなんで考えてもいませんよね」

   岸本哲也リポーターが「密室での炎の恐さ」と、乗客から借りてきたというジャケットを見せた。1号車の6列目にいて逃げた男性が窓際にかけたままにしたものだという。背中と肩の部分が焦げ落ちて、裏地がむき出しになっている。焼けているというほどでもないのにボロボロだ。炎がどんな通り方をしたらこうなるのか、見当もつかない。

   小倉「なんでこんなことするんだろう。巻き添えが出るのはわかってる」

   デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「仕事を辞めたというのがキーポイントでしょうけど、ここまでやる人はいなかった。事故といってるけど、事件ですよ」

   たしかに、放火自殺というより自殺放火だろう。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中