「日本の産業革命遺産」あすにも登録審査!韓国は相変わらずネガティブキャンペーン

印刷

   藤森祥平アナが「今朝のニュース」で明治時代の日本の産業革命遺産について、「韓国側のネガティブキャンペーンが続いており楽観できない状況です」と、ユネスコ世界遺産委員会が行われているドイツ・ボンからの報告を中心に伝えた。

日韓外相会談「双方が世界遺産登録で協力」約束破り

   産業革命遺産はあす4日(2015年7月)にも世界遺産委員会で審査が行われる見通しだ。現地を取材している上土井剛ディレクターによると、日本政府関係者は「韓国側がすべての委員国を相手に連日ネガティブキャンペーンを行っており、決して楽観視できない状態だ」と嘆いているという。

   上土井は「韓国のユネスコ担当代表が、(世界遺産を決める際は)めったに行わない投票による決定」を示唆しているという。会場の目と鼻の先に韓国の団体がテントを張り、取材に「加盟国の代表に歴史的事実についてよく検討してほしいと呼びかけています」

   産業革命遺産について、韓国側は強制徴用があった施設だと世界遺産登録に反対してきた。しかし、日韓外相で世界遺産登録については協力することで一致していた。ネガティブキャンペーンを行っているのは、韓国政府とは直接関係しない団体ということなのだろうか。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中