なでしこ佐々木監督「あれはオウンゴールじゃない。川澄と大儀見が決めた」

印刷

   女子サッカーのワールドカップ準決勝できのう2日(2015年7月)、なでしこジャパンは強敵イングランドを破って決勝に進んだ。試合中継と重なって番組が休みとなった「とくダネ!」は、1日遅れながら独占中継画面をフルに使って40分間なでしこの活躍をたっぷりと伝えた。

英国ウイリアム王子ツイッター「誇りに思って」バセットいたわり

   力は互角だった。前半33分、日本はPKをMF宮間が決めて先制したが、7分後にお返しPKを食らって1-1のまま後半へ。イングランドの攻撃をGK海堀が辛くも防ぐ場面がいくつもあった。ドラマはロスタイムに訪れた。MF川澄からFW大儀見への絶好のクロスを必死に防いだ相手DFの球はオウンゴールになった。47分だった。

一体感の強さ

   現地にいる木下康太郎アナは「イングランドのサポーターからは、オウンゴールじゃないかと嫌味をいわれました」「新聞もオウンゴールが日本を決勝に進めたと書いていますが、佐々木監督の『あれはオウンゴールじゃない。川澄と大儀見が生んだゴールだ』という談話も載っています」と伝える。

   司会の小倉智昭も「あれは川澄のクロスが非常によかったんで、オウンゴールでなくても決めていたでしょう」なんて調子のいいことをいう。

   オウンゴールにしてしまったローラ・バセット選手はしばらく立ち上がれなかったが、選手たちが彼女をいたわるさまも流れた。ウイリアム王子もツイッターで「ベスト4に勝ち残ったことを誇りに思って」と励ましの言葉をかけていた。

決勝相手アメリカ「1勝23敗6分」の巨大な壁

   試合をナマ中継したフジテレビには放送されなかった映像がいくらでもある。「とくダネ!」はこれらを拾い出し組み立てて、なでしこの強さの秘密をさまざまに分析してみせた。

   まずは指令塔の宮間あや。ボール支配の冴えは文句なしだが、それ以上に控えの選手も含めたチームの一体感づくりが絶妙だ。この日もPKを決めると、見守っていた控え組のところへ真っすぐに走り込んでいた。

   勝利が決まった瞬間には、この日は出番がなかった澤穗稀が涙を流す姿もカメラは捉えていた。澤は前回W杯ではキャプテンとして 宮間に支えられた。今度は宮間を支えるという。代表復帰は5月と遅かったが、澤の存在感は依然光っている。

   一体感といえば、インタビューに選手たちが必ずかかえてくるクマのぬいぐるみがある。初戦で骨折して戦線を離脱した安藤梢選手(32)のユニフォームを着ていて、手術のため帰国した彼女の身代わりだという。その安藤は決勝には戻ってきてベンチに入るという。そして、それら全部を演出するのは佐々木則夫監督だ。

   小倉「選手登録は抹消してないからベンチに入れる」

   さて、最後に戦う相手はアメリカだ。対戦成績は1勝23敗6分けと圧倒的である。前回W杯の勝利はPK戦だったから、あれは「分け」に入る。勝利は2012年のアルガルベ杯だけという強敵だ。元日本代表の大竹七未さんは「アメリカはスピード、パワーにうまさがある」という。しかし、チームの一体感は力だとも話す。

   小倉「監督をみんなノリさんと呼んでる」

   中瀬ゆかり(「新潮社」出版部長)「おやじギャグもあるけど、女性からみてもこの人信用できるという感じがありますよね」

   選手たちはこの朝、決勝が行われるバンクーバーに着いた。どんな戦いをみせるか。決勝戦は日本時間6日月曜日の午前8時からだ。また、「とくダネ!」はお休みになる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中