2018年 8月 21日 (火)

ひまわり8号きょうから運用!きめ細かな撮影、カラー映像で予報精度アップ

印刷

   超高性能の「気象衛星8号」の本格的な運用がきょう7日(2015年7月)からスタートした。現在、日本の南には9、10、11号のトリプル台風があるが、天気予報の精度はどのように変わるだろうか。

   「ひまわり8号」の観測研究をしている千葉大学・環境リモートセンシング研究センターで「ひまわり7号」と比べてみると、画像がより細かくなり、雲の動きも刻々とわかる。撮影間隔は7号は30分に1回だったが、8号は2分半に1回になり12倍もキメ細かく観測できる。カラー撮影も可能になった。豪雨の原因となる積乱雲の発達状況を詳しく把握できる。

10分先のゲリラ豪雨予測

   茨城県つくば市の防災科学技術研究所では、豪雨の発生を事前に知らせる実験をおこなっている。現在、10分先の予測ならかなりの精度だという。

凄いね

   司会の加藤浩次「10分早く前に豪雨が来ることがわかれば、事前にいろいろ対応できます。これと『ひまわり8号』を併用すれば、ずいぶん進化するでしょうね」

   気象予報士の松並健治「今の予報は細かな予測と観測の充実が大切で、このふたつが両輪として予報の精度が上がることになります。『ひまわり8号』は観測の面で貢献してくれると思います」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中