台風9号きょうあすも沖縄「暴風雨」!もっと強大な11号が本州接近

印刷

   台風9号がきのう9日(2015年7月)、沖縄地方を直撃し、きょう10日も大雨、強風が続いている。最大瞬間風速49・9メートル、これまでに21人が重軽症を負い、2万3900世帯が停電した。

   昨夜11時に那覇市にいた大竹真リポーターは「体が持っていかれそうな突風も増えました。身の危険を感じます」と伝えた。路上には木の枝が散乱し、直径50センチはある大木が根元から倒れた。

   石垣島でも台風9号の再接近で風が強まり、けさには暴風波浪警報が出た。

来週後半に西日本、東日本に大きな影響

   司会の加藤浩次「これから風雨がピークになるということですね」

気象チェックして

   那覇の大竹「強風の間隔が短くなっています。踏ん張らないと立っていられません」

   気象予報士の松並健治によると、台風9号は大型で強風エリアが広いうえ、速度が遅いため強い風雨が広い範囲で長く続きそうだ。「沖縄地方はあすまで注意が必要です」。沖縄で予想される最大瞬間風速は60メートル、波の高さは12メートルに達する。

   その9号より強い台風11号が来週には向きを西から北にかえて本州に接近する。来週後半には西日本、東日本に大きな影響がでる恐れもある。

   加藤「気象情報をチェックしないといけないなあ」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中