念願ライブの芸人さん、一級品サロン開いたH女史、婚活成功の大学友人・・・「夢のおすそ分け」で幸せな1日

印刷

   一緒に仕事をしている芸人さんの結成20周年単独ライブを楽しむ。オムニバス映画のような凝った作りで、彼が本当にやりたいことってこういうことだったのかと驚きながら堪能させていただいた。

   ライブについて語るとき、氏の瞳は輝いていた。ネタ作りにかけた思い、長い準備期間、今後の芸能人生においてもエポックとなるライブ。そう、ずっと温めていたものが世の中に誕生する、夢が実現した日だったのだ。

定年退職を機に夢を実行

   ああ、いいステージだったと思うながら次の現場へ。長年、一緒に番組を制作していた女性の元へと急ぐ。H女史は定年退職を機に、一流のものに囲まれたサロンを作るという。家が近所ということもあって、彼女の自宅で深夜まで飲みながら打ち合わせをすることたびたび。その都度、家の調度品にため息がもれた。

   東洋美術を中心にしたアンティークにあふれ、「はい、おまちどうさま」とさんまの塩焼きが平気で江戸時代の器に乗って出される。彼女は常々、本当に価値のある品物を愛でながらゆっくりとコーヒーを飲めるサロンをいつか開くのだと言っていた。この日、ついにサロンがオープンするとあってささやかなオープニングパーティーに呼ばれていたのだ。

   青山の裏路地にある1軒家を改装したサロンは、それはステキなものだった。「これ、実はね」と説明してくれるのは、日本画の大家の作品や著名な現代美術家の作品、さらには安土桃山時代の茶飲み、中国の書や器と、美術館並みの品ぞろえ。「はあ~。スゴイっすね」としか言えないオンチだが、すばらしいのはなんとなくわかる。

   久しぶりにお会いしたH女史は母と同じぐらいの60歳過ぎなのだが、やはりこれまで見たことがないぐらいに瞳が輝いていた。

心から友の幸せ祝い・・・ああ、また飲み過ぎた

   また、ああ、すばらしかったと思いながら向かったのは、大久保のベトナム料理店である。大学時代の女友達と久しぶりに顔を合わせると、アラフォー女子どもは相変わらず美しく、職場の困った部下や、転職したばかりの子の苦労話に花が咲く。

   ここでも夢が実現し、幸せいっぱいの人が一人いた。「あのね、プロポーズされて結婚することにしました」。もう手が痛くて叩けませんというほど、店の客を無視して拍手を送る。

   今年初め、マジで本当にヤバイからと婚活サイトに登録した彼女から、「手を握ろうかどうしようか、デートでドキドキしちゃってさ」という乙女心あふれる話は聞いていたけれど、まさかの婚活終止符宣言。『フィアンセ』という喉から手が出るほど欲しかった肩書を手に入れた彼女が見せてくれたお相手との写真は、これまた見たことないほど瞳を輝かせほほ笑んでいた。

   おめでとうと何度いってもまだ言いたい。心から友の幸せを祝う気持ちで酒がすすみ、移動した韓国カフェでも一人、不思議な酒を頼んでしまい撃沈。1日で3つも幸せいっぱいの夢のおすそ分けを頂いた。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中