東京・葛西海浜公園「海水浴場」今週末からオープン!水質良化で「顔つけ」OK

印刷

   連日、猛暑が続くなか、東京都江戸川区の葛西海浜公園で今週土曜日の18日(2015年7月)から海水浴場がオープンする。都心の海水浴場は水質悪化の影響で1950~70年代にはすべて閉鎖された。なんと半世紀ぶりの復活になる。

   葛西公園では12年から「海水に顔をつけない」という条件で体験イベントを実施してきた。今年からは「顔つけ」も解禁され、水しぶきをあげながら泳ぐことができる。テントや仮設シャワー、更衣室、有料コインロッカーも設置する。

お台場海浜公園は来週末、城南島海浜公園も検討中

   きのう14日、さっそくレポーターの阿部祐二が海に入った。「水温が高い。気持ちいい。東京スカイツリー、東京ディズニーランドも見えます。こんな幸せなことがあるのだろうか」と大はしゃぎだった。

tv_20150715115823.jpg

   司会の加藤浩次「映像では、正直言って海がすこし汚いように見えますが」

   阿部「台風の影響で波が高く、少し濁りがちでしたが、臭いはありません。体にべとつくこともありません」

   加藤「ずいぶん変わったんですね」

   宮崎哲弥(評論家)「きのうみたいな暑い日は、近所で海水浴ができるといいなと思いますよね。ただ、これから人出がどんどん増えると、水質が心配になりますね」

   阿部「東京都は細かくチェックするといっています」

   今年(2015年)の開場は8月30日までの土、日、祝日とお盆休みの計20日間。ほかに、お台場海浜公園で今月25、26日に実験的な海水浴イベントを開催予定だ。羽田空港に近い城南島海浜公園でも検討中という。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中