「台風11号」西日本上陸して列島横断!あすから風速45メートル、豪雨150ミリ

印刷

   台風11号はあす16日(2015年7月)に西日本に接近、17日にかけて上陸しそうだ。大型で速度が遅いため、四国を中心に西日本では16日朝から風雨が強まり大荒れになると予想されている。東日本は今晩15日から雨が降り出す見込みだ。

東日本は今晩から雨

   「あさチャン!」気象予報士の尾崎朋美によると、11号は中心気圧945ヘクトパスカルと勢力を強めていて、最大風速は45メートル、最大瞬間風速60メートルで、北に向かって時速15キロとゆっくりしたスピードで進んでいる。

   16日には四国沖に達し、17日朝には四国に上陸、西日本を横断して日本海に抜けたあと北上する公算が強い。16日には最大瞬間風速が四国で45メートル、九州、近畿地方で35メートルが予想され、雨量も近畿地方で150ミリ、東海地方で120ミリが予想されている。

   尾崎「17日にはさらに強まることが見込まれており、警戒が必要です」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中