出産しては次々遺棄!自宅から乳児5遺体―愛媛県の無職34歳

印刷

   きのう20日(2015年7月)、愛媛県八幡浜市の民家から4人の赤ちゃんの遺体が見つかった。愛媛県警は1週間前に乳児1人の遺体を発見し、この家に住む無職の若林映美容疑者(34)を死体遺棄容疑で逮捕している。若林は「5人とも自分で産んだ子どもで遺棄しました」と話しているという。

近所から情報「お腹大きいかったのに、赤ちゃん見たことない」

「お腹が臨月ほど大きかったのに、急に小さくなった人がいる。妊娠していたのではないか」
よくわからない事件

   先月(2015年6月)下旬、こんな情報が県警に寄せられた。今月14日に若林から事情を聴いたところ、「死んだ赤ちゃんを押し入れに放置しました」と供述、2階押し入れにナイロン袋に入った生後間もない乳児の遺体が見つかった。

   さらにきのう20日、物置きに新たに4人の遺体が見つかった。一部は白骨化しており、性別も不明という。若林は06年ころから出産しては遺棄していたという。

家族は気付かなかった?父親、弟、長男の4人暮らし

   若林は父親と弟、長男の4人暮らし。近所の人たちは「お腹が大きかったのに子どもの姿が見えない」「(妊娠の様子を)去年かおととし、過去に2回くらい見た。赤ちゃんを連れているのを見たことがない。変だなと思っていた」などと以前から不審に思っていた。警察は動機を調べ、DNA鑑定を進める方針だ。

   司会の加藤浩次「家族で一緒に住んでいたのですよね」

   はあちゅう(作家・ブロガー)「不気味な感じがしますね。5人の赤ちゃんの父親は誰だったのか。また、同居人がいたのになぜこれまで発覚しなかったのか。すごく不思議に思います」

   加藤「死んだから遺棄したのか、遺棄したから死んだのか。ここが重要なポイントと思いますね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中