2018年 9月 20日 (木)

架空の市民アンケートで政務活動費1400万円!神戸市議「いやあ、ミスったなあ」

印刷

   地方議員の政務活動費の私的流用がまた発覚した。兵庫・神戸市議会の「自民党神戸」に所属する大野一市議で、実際には行っていなかった市民へのアンケート調査費として1400万円を不正に支出していた。

   市民オンブズマン代表の森池豊武さんが言う。「普通の報告書は少なくとも(厚さ10センチぐらいの)ボリュームがあって、分析もし、その成果が表れているものですが、問題の報告書は多くて3枚、ひどいときは2枚です。これは報告書とは言えませんね」

委託業者「業務受けてないし費用ももらってない。領収書は白紙で渡した」

   問題が発覚したのは今月1日(2015年7月)。直後の会見で大野市議は「いやあ、これはいろいろミスったなあ」などと「ミス」を強調して余裕をかましていた。ところが、その後、事態は思わぬ方向に発展した。弁護士がアンケート調査を委託されたという業者に聞き取りを行うと、(1)委託を受けた事実はない(2)費用も受け取っていない(3)領収書は白紙で大野市議に渡した(4)アンケートの報告書は事態が明るみになってから作成した――など、まるっきりのデタラメであることが判明した。ミスではなくウソだったのだ。

性善説もうダメ

いつも同じ手口「バレると入院」

   ここしばらく議会には姿を見せていないという大野市議の自宅を「モーニングバード!」の伊藤和幸取材ディレクターが訪ねると、インターホン越しに「入院しております」という答えだった。市民団体は大野市議を詐欺の疑いで刑事告発している。

   キャスターの赤江珠緒「みんなのお金を使うという中で、性善説はもうなり立たないということですね」

   吉永みちこ(作家)「いつまでたっても『またかよ、またかよ』ですね。バレた後にすぐに入院するということすらも同じになっている。もう議会に自浄能力がないと思うしかないですね」

   政務活動費をなくすほかに。

ビレッジマン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中