フジ新春ドラマ「坊ちゃん」に二宮和也!「ヤンチャで自由で破天荒だけれど憎めないというキャラ」

印刷

   フジテレビ系の来年(2016年)の新春スペシャルドラマ「坊っちゃん」の主演に二宮和也に決まった。来年は夏目漱石の没後100年にあたる。フジテレビドラマ制作センターの長部聡介プロデューサーは、「いま坊っちゃんが持つヤンチャで自由で破天荒だけれど憎めないというキャラクターを演じられるのは、『永遠の少年』、二宮さん以外にはありえません。国民的アイドルであり、日本を代表する俳優である二宮さんが、日本の国民的小説である坊っちゃんを演じてくれることにとても大きな期待と興奮を禁じえません」と期待を寄せている。

原作舞台の愛媛県松山市でもロケ

   二宮は「楽しみです。ド派手なエンターテインメント作品ではないかもしれませんが、小説みたいにページをめくる音が聞こえるようなドラマになればと思ってます」と語っている。笑いあり涙ありの痛快な物語になりそうで、10月に収録がスタートする。原作の舞台の愛媛県松山市でもロケも予定されている。

   フジの新春スペシャルドラマはこのところ嵐の主演で放送され、10年は全員出演の「最後の約束」で、その後も大野智「もう誘拐なんてしない」、松本潤「ラッキーセブンスペシャル」、大野「鍵のかかった部屋SP」、櫻井翔「大使閣下の料理人」と続いている。

知央

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中