熊本市ごみ収集職員「有料化後も6年間タダ捨て」処理施設に勝手の持ち込み

印刷

   熊本市でごみ収集を担当する市職員が、有料のごみ袋を使わず、自宅のごみを処理施設に勝手に持ち込んでタダ捨てしていた。なかにはごみの番人を自称して市民に捨て方の指導・啓発する「啓発推進班」の職員もいた。

   自宅のごみを不正に持ち込んで処理していたのは熊本市西部クリーンセンターの職員20人で、ほかにも業務中にごみ収集車を使って卓球台を回収して自分たちの遊び用に使っていた。

クリーンセンター所長「以前からの習慣で、悪気はなかった」

tv_20150805131216.jpg

   ごみ袋(大)は1枚35円。市民は週2回の可燃ごみ、1回の不燃ごみを出すのに最低105円はかかる。粗大ごみには別個の代金の支払いも求められる。職員はこれを免れていたわけだ。

   クリーンセンターの藤木雄一所長の弁解がまた呆れる。「(ごみ回収が)有料化する6年前より以前からの習慣で、悪気はなかったと考えている」

   司会の羽鳥慎一「ルールを推進する人たちがやっていたというのが、一番悪いですよね」

   コメンテーターの菅野朋子(弁護士)「『悪気がなかった』というのが問題。どういう認識だったでしょうかね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中