中国に「蚊」生産工場!1週間100万匹・・・デング熱対策の国際プロジェクト

印刷

   「聞いただけで、体中がかゆくなる」と司会の小倉智昭が身悶えている。

小倉:かゆくなってきた

   中国の広州市に世界最大の蚊の生産工場があり、そこでは1週間に100万匹もの蚊を生産してシャジ島に運び、野外でばらまいているという。

   森本さやかアナウンサー「なんでそんなことをするんだ、とんでもないと思うかもしれませんが、ちゃんと意味があるんです」

   日本でも昨年(2014年)、感染が広がったデング熱の対策として、国際的なプロジェクトとして行われているという。

   小倉「デング熱、蚊が媒介するんでしょ。蚊を増やしてどうすんの?」

   人工的に生殖機能をなくしたオスの蚊を生産して、野生のメスと交尾させる。卵はふ化しないため蚊はだんだん減少していき、最終的には根絶できるという計画だ。実際、シャジ島ではこの方法で蚊が90%減ったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中