「中1少女惨殺」顔見知りグループとトラブル?「もう寝屋川には帰らない」

印刷

   大阪府高槻市の運送会社駐車場で見つかった少女の惨殺死体は、隣接する寝屋川市の寝屋川市立中木田中学1年の平田奈津美さん(12)とわかった。一緒にいた同級生の星野凌斗君(12)の行方が分からなくなっており、大阪府警は女生徒と同様に事件に巻き込まれた可能性があるとみて捜査している。

近くのコンビニで「女の子が伸びきったカップめんを食べていた」(目撃者)

   平田さんは12日午後6時には家にいたことが、姉によって確認されており、その直後に外出したらしい。3時間後の午後9時ごろ、星野君が母親に「平田さんの家に遊びに行く」と言って外出した。午後9~10時の間に2人が近くのコンビニにいるところを男性が目撃している。「女の子が伸びきったカップめんを食べていた。2人とも笑顔で暗い感じはなかった」という。

深夜に子供が・・・

   次に2人が確認されたのは13日午前1時ごろから午前5時ごろまでで、コンビニから1キロほど離れた商店街の防犯カメラに、行ったり来たりする姿が何度も記録されていた。午前6時35分に平田さんから友人の携帯電話に「星野と電車で京都に遊びに行ってくる。多分、もう寝屋川には帰らない。ごめんね」とメッセージを送ったのが最後になった。

   星野君は午後3時ごろ自分の自転車を京阪電鉄・寝屋川市駅前の駐輪スペース止めた後、行方が分からなくなっている。司法解剖の結果、平田さんの死亡推定時刻は星野君が自転車を止めた時間から4時間後の13日午後7時ごろとみられている。この4時間に2人に何になにがあったのか。

   元兵庫県警刑事の飛松五男氏は次のように断言する。「顔見知りのグループが来て2人を拉致した。計画的犯行というより何らかのトラブルによって起きた偶発的犯行で、犯人自身が遺棄する場所に困って馴染みのあったあの場所に遺棄したのだろう」

尾木直樹「『オールしない?』で出歩くことは珍しくない」

   夏休みとはいえ、中学1年生が深夜に街をウロウロするとはどういうことなのか。キャスターの赤江珠緒も「深夜、日常的に出歩くことがあったのでしょうか」と疑問を呈した。

   取材している岡安弥生リポーターは、「夏休みに入って、友人同士で無料アプリのLINEで『今からオール(夜通し)できる人いますか』と呼びかけを行い遊んでいたこともあった。その中に星野君もいたそうです」と伝える。

   コメンテーターの尾木直樹(教育評論家)は「これが今の時代なんです」と次のように指摘した。「一般的には、夏休みには花火大会などがあって夜出歩くこともあるが、明け方までというのはあまりないですよ。ただ、今はLINEなどで繋がっていて、『オールしない?』で出歩くことは珍しくないんです。他県に広がり、19~20歳など離れた知り合いと繋がる。現場の先生はこれが悩みのタネなんです」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中