「安保法案反対は利己的」の武藤貴也議員「未公開株で黒い錬金」出資募って返さず

印刷

   安保関連法案に反対する若者を「自己中心で極端な利己的考え」と批判して物議を醸した自民党の武藤貴也衆院議員(36)が、今度は『週刊文春』(8月27日号)で未公開株をめぐり「自民党議員の黒い錬金術」とヤリ玉にあげられた。

   武藤の代理人が19日(2015年8月)に自民党に離党届を提出して即座に受理されたが、本人は姿を消したままだ。

「国会議員枠で買える」で集めた4100万円

   週刊文春の記事によると、武藤は未公開株を「国会議員枠で買える」と持ちかけ、23人から計4100万円を集めたが、実際には未公開株は購入されず、6人分約700万円分が返済されていない状態という。

呆れます

   この未公開株売買の事実を裏付けるかのように、武藤と未公開株を購入しようとするA氏とのやり取りがネットのLINE上に残っていた。その中で武藤議員は次のような書き込みをしている。

「資金準備はできましたか?こっちも色々当たっているけど時間がなさ過ぎて確実なとこがまだ見つかりません」
「来月、新規公開株の取引の話があり、最低でも2倍になると言われています。内々で俺に取引を持ちかけてきているのだけど元手がありません」
「株の枠を抑えてもらっていることは本当なので、あとこの案件はクローズだからね。正直、証券会社からもうちが国会議員のため枠を抑えているのが一般に知られたら大変だと言っています。その辺を呉々も注意してください」

   このやり取りがあったのは昨年10月29日午後2時37分。武藤はちょうどこの時間に衆院外務委員会に出席しており、委員会を映した映像を再現してみると、着席しながら机の下で何やら熱心に操作している姿が映っていた。

詐欺罪、金融商品取引法違反、政治資金規正法違反の疑い

   自民党の対応も素早かった。離党届を受理したあと、記者から「安倍総理は?」と聞かれた谷垣自民党幹事長は「『仕方がありませんね』と」だけだった。

   姿を消した武藤は19日、自身のフェイスブックに、離党の理由について「個人的なことでこれ以上、党に迷惑をかけられないと判断したため」としたうえで、週刊文春の記事について次のように書いている。「極めて恣意的に書かれており非常に心外です。A氏は、学校は違うが学生時代に知り合った後輩で、初当選直後、私に対し資金を預ければ利回りをつけて返すと話があり信頼して預けたのが今回の問題の始まりです」

   A氏に対しては「民事で提訴しており、詐欺容疑で刑事告訴も考えている」と、未公開株問題を避けるように無関係な話を持ち出している。

   永沢徹弁護士は「未公開株を国会議員のために枠を抑えているなんて絶対にあってはいけないし、あり得ない話。議員のために枠を渡すなんてことになったら、証券会社自体が大変な問題になりますよ」と訝る。武藤のLINE上のやり取りが事実とすれば、無許可でカネを集めていたことになり、金融商品取引法違反、政治資金規正法違反の疑いがあるという。未公開株の国会枠がウソなら詐欺罪の可能性も出てくる。

   司会の羽鳥慎一は「ツイッターの内容も大問題ですが、それを委員会の最中にやっているのは問題外ですね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「国会議員枠が事実なら、それで儲けようとするこの議員こそ利己的。週刊文春の記事についてきちっと出て話をしてほしい」

   武藤はA氏に具体的な上場予定日まで教え、次の日に売却処分するよう指示しており、このままでは済みそうもない。未公開株の国会議員枠を含め、司法当局による捜査で事実関係の有無をはっきりさせる必要がある。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中