自民党止まらない「オウンゴール」暴言議員の未公開株トラブル、党重鎮の不倫隠し撮り

印刷

   安倍首相を悩ます自民党議員たちの「暴走」が止まらない。『週刊文春』が武藤貴也衆議院議員(36)が未公開株の購入をめぐってトラブルになっていると報じたが、すぐに谷垣禎一幹事長が「調査する」と反応し、武藤議員は「党に迷惑をかける」という理由で離党届を出して即刻受理された。

   経緯を簡単に紹介するとこうだ。武藤議員が学生時代の知人A氏に「値上がり確実なソフトウエア会社の新規未公開株を国会議員枠で買える」と相談し、資金を集めてくれと持ちかけた。A氏は23人に声を掛け4000万円以上集め、武藤議員の秘書の口座に振り込む。だが、件の秘書は上場前日に「買えなかった」と連絡をしてきた。したがって振り込んだカネは返すのが当然だが、週刊文春によるといまだ投資家6人に約700万円が返済されていないという。

   これを読むかぎり、政治家にあるまじき筋の悪いスキャンダルである。選挙区では「議員辞職せよ」という声が上がっているそうだが、当然であろう。

   この武藤議員、安保関連法案反対のデモをしている学生集団に「彼ら彼女たちの主張は自分中心で極端な利己的考え」だとツイートして問題になった人である。

   『週刊新潮』がグラビアとともに報じているのが額賀福志郎元防衛長官(71)の「不倫」現場。それも、よりによって敗戦(週刊新潮は終戦)の日の8月15日に愛人と「一戦交えた」(週刊新潮)というのだから、安倍首相の心中察するにあまりある。

   額賀氏は知名度は低いが、産経新聞の記者を経て竹下登元総理に目を掛けられ政界に転出。1983年初当選以来11期連続当選で、小渕恵三内閣で防衛長官になり、官房副長官、自民党政調会長、財務相などを歴任して、いまや「平成研」会長を務める党の重鎮である。

   その彼が、日本中が戦後70年に思いをいたしているその日の黄昏時、品川駅近くの「つばめグリル」に彼女と並び、20分近く待たされた後、ハンバーグやロールキャベツなどを仲良く食べたというのである。

   この店、私も何度か行っているが、いわゆる「安うま」洋食屋で、人目を忍ぶ男と女が行くような店ではない。意外にこのおっさん庶民的ではないかと思わせるが、二人が一戦交えるべく向かったホテルは高級シティホテルだった。「ザ・プリンス さくらタワー東京」で、彼らが泊まったのはキングサイズ・ベッドのあるダブルルームで1泊3~7万円だという。ずいぶん値段に開きがあるが、それはともかく、先日、週刊文春が報じた小泉進次郎議員が彼女と泊まった部屋とは格段に違うそうだから、廊下に二人の声が漏れるようなことはなかったようだ。

   この彼女、週刊新潮によれば41歳、独身で、現在は弁護士事務所で事務員として働いているが、4~5年前に赤坂の料亭で仲居をしていたことがあるから、そこで額賀氏と知り合ったのではないかと推測している。二人の弁明は、額賀氏は「仕事のことで相談を受けただけ」だといい張り、彼女のほうは「えっ、私はどうしたらいいんですか」とあわて気味だ。

   しかし、中川郁子議員が「路チュー」相手と居酒屋で会っていたときの「太もも接写」といい、今回の2人が洋食屋で並んでいるところや、ホテルへ行く途中、彼女が先に歩き額賀氏が10メートル弱も後ろを歩く姿、エレベーターの中など、週刊新潮の隠し撮りの見事さといったらない。元『FOCUS』の経験者がいるからだろうが、このところの『フライデー』の張り込みネタの弱さを見るにつけて、フライデーOBとしては、ため息が出るほどうらやましい。

安倍首相「持病」悪化?吐血や下痢・・・ストレス募らせ身体が悲鳴

   果てしなく続く自民党発のスキャンダルに安倍首相がストレスを募らせているのはわかるが、このところ安倍さんの体調不良報道が各誌で続いているのは気になる。火のない所に煙は立たない。8月14日に「70年談話」を発表した後、NHKの「ニュースウオッチ9」に出た安倍首相は生気も精彩もなく、疲れ果てているのがテレビからでもはっきりわかった。

   間違いなく持病「潰瘍性大腸炎」が悪化してきている。そう思っていたら週刊文春で「吐血」したと報じているではないか。6月30日(2015年)、東京ステーションホテルの一室で、政調会長の稲田朋美氏、JR東日本の富田哲郎社長、大塚陸毅相談役と会食中、<「突然、気分が悪くなった総理が、トイレに駆け込み、血を吐いたというのです。その場に控えていた今井尚哉秘書官が慌てて別室を用意し、慶應病院の医師を呼び、総理は診察を受けたと聞きました」(官邸関係者)>

   翌7月1日にも異変が起きていたという。夕方から国立美術館で「ボルドー展」を鑑賞して、近隣の定食屋で名物のハムカツに舌鼓をうちビールとホッピーを飲んだ。その後、帰宅するクルマの中で腹痛を訴えたというのである。トイレに行きたいという安倍首相を我慢させ、信号をすべて青にして突っ走り、渋谷区の私邸へ駆け込んだそうだ。

   だが、安倍首相と面識のある内科医は週刊文春に、潰瘍性大腸炎では下血は起こるが吐血は考えにくいと話している。別の病気か治療に使っているステロイド系の薬の副作用ではないかというのである。持病によく効く「アサコール」という薬が日本でも発売されたことで、持病は完治したと安倍首相はいっていたが、先の官邸関係者によると、最近は「アサコール」よりも強い「レミケード」という薬を使っているそうで、副作用も強く、さらにステロイドの量を増やしているというのだ。

   70年談話を発表した後、山梨県の別荘へ行ってゴルフをやっている写真が新聞に載っていた。「体調は万全」だといいたいのだろうが、これから始まる国会論戦やここへ来ての支持率の急落など、ストレスが増えることはあっても減ることはない首相にとって、野党やマスコミは恐くはないが、獅子身中の病が命取りになりかねない。

首相の母・ゴッドマザー洋子さん決断「晋三さん、もういいのです。これで十分です」

   そんなところに、『週刊現代』がタイミングドンピシャの記事を掲載した。安倍首相の母・洋子さんがそんな息子を心配して「息子よ、早く引退しなさい」といっているというのである。

   奥さんの昭恵さんはよくわからないが、さぞ母親は心配していることだろう。官邸スタッフがこういっている。<「総理は、相当疲れているようで、富ヶ谷(渋谷区)の自宅に帰るとバッタリと眠ってしまうそうなんです。本当なら、安全保障、原発、労働者派遣法、TPPなど、ストレスの種となる難問が山積していて、これらについて勉強しなければいけないのに、『起きていられない状態』だといいます」>

   トイレに駆け込む回数も増えているそうだ。そうした息子を心配して母親は、<「総理の体調がすぐれない時は、消化にいい具材で雑炊を作っている。今まではお手伝いさんに作らせることが多かったらしいのですが・・・。洋子さんがここまでするのに驚いています。若くして亡くなった夫の晋太郎(元外務相)さんを重ねているのでしょう」(安倍家と親しい関係者)>

   洋子さんは政界の「ゴットマザー」と呼ばれている。「妖怪」といわれた岸信介元総理の娘として生まれ、後に自民党のニューリーダーと称された安倍晋太郎氏と結婚し、わが息子の晋三氏を総理の椅子に再び座るまでに育てあげた。

   父を亡くした後の晋三総理に、政治家としての立ち居振る舞いを叩き込み、帝王学をほどこしたのは、洋子さんだったといわれているそうだ。

   週刊現代によれば、その洋子さんがついに一つの決断を下そうとしているというのだ。<「晋三さん、もういいのです。あなたはお祖父さまやお父さまの無念を晴らし、私の期待に立派に応えてくれました。これで十分なのです」>

   母から息子への引退勧告だという。

<岸内閣が退陣した60年から55年の歳月を経て、父、夫、息子の3人の力で、悲願である憲法改正の足がかりは確実なものとなった>(週刊現代)

   母親が誰に向かってそんなことをいったのかはまったくわからないが、母親の心情としてはよくわかる。だが、「憲法改正の足がかりは確実なものとなった」というのは「嘘」である。万が一、安保法制が成立しても、否、成立させてしまえば、かえって憲法改正は遠のくに違いない。

   憲法改正をせずに戦争のできる国に変容させることは、国民の間に安倍自民党への反発を強くさせ、間違いなく次の総選挙では議席を減らす。その前に参議院選もある。憲法改正どころか、安倍は自民党を大きく目減りさせた首相として後世に語り継がれるに違いない。

   安倍首相は孤独だ。これだけ体調が悪いにもかかわらず、洋子さん以外にきちんと世話をしてくれる人がいないという。昭恵夫人は福島の被災地を訪れたり、自分が経営する居酒屋で忙しかったりと、連日のように出歩いている。洋子さんはそのことにも心を痛めているという。

   いま、洋子さんは複雑な思いを抱いているそうだ。それは自分が息子に対してかけた期待に、息子自身ががんじがらめに縛られ、体を痛めつけているからだ。

   そんな息子を見かねてか、もはや息子を見限ってかはわからないが、昨年春頃、洋子さんの長男(安倍総理の兄)の寛信氏の長男が安倍家の後継者だと正式に決まったという。

   東京五輪まではやりたいといっていた安倍首相だが、この頃は「(来年5月の)伊勢志摩サミットまではやりたい」と期限を切るような発言をし始めたそうである。

八方に気を使って「ぬえ」になった70年談話!読売ナベツネとは裏約束?

   安倍首相が苦心して出した「70年談話」についても評価は芳しくない。朝日新聞が15日付の社説で「出すべきではなかった」と書いたが、保守系の支持者からも「総理に裏切られた」(週刊新潮)という声が多いそうである。

   日本の侵略を「国際法上明確な定義がない」と明言し、「村山談話と同じものを出すなら、出す必要がない」といっていたのに、「侵略、植民地支配、痛切な反省、心からのお詫び」という4点セットが盛り込まれたため、<捉えどころのない『ぬえ』と評されるのだ>(週刊新潮)

   私も談話を何度も読み返してみたが、総花的で言葉が上滑りしているのはアメリカや中国、韓国に気を使って、自分のホンネを押し隠した文章をでっち上げたからであろう。この一時しのぎの誤魔化し談話で米中韓は騙せても、日本国民は騙されない。「平和主義を堅持」「唯一の被爆国として核兵器の不拡散と廃絶を目指す」、その上「法の支配を尊重」などという文言を平気で使う神経を疑う。

   憲法を蔑ろにし、法治主義を壊そうとしているのはどこの誰なのだと安倍首相にいいたい。

   週刊新潮は、読売新聞の渡辺恒雄氏が社説などで「侵略」を盛り込めと訴えてきていたため、読売グループが安保法制法案の成立に紙面で協力してくれのるならという条件で、侵略という文言を入れたと報じている。

   どちらにしても右も左も、アメリカにも中国、韓国にも気をつかって中途半端なものになってしまった談話だが、安倍首相の体調も影響して闘う気力が湧いてこなかったのではないか。

イケメン弁護士のチン切り慶応法科院生に待ってる「懲役15年」「賠償請求ウン億円」

   元プロボクサーが妻が勤めている弁護士事務所で、弁護士の一物をちょん切ったという事件には驚かされた。週刊新潮と週刊文春が競っているが、被害者には失礼だが、週刊文春のタイトルがうまい。「ボクサー夫に『チン』を狙われたイケメン弁護士『痛すぎる』報い」。ボクシングのチン(アゴ)とアソコを掛けたのはさすがだ。

   加害者は小番(こつがい)一騎(24)という慶應大学法科大学院3年生。週刊文春によれば、秋田の高校を卒業して明治大学に進学、その頃から渋谷区内のボクシングジムに通い始めたという。なかなかいいボクサーだったそうだが、弁護士になると決意して慶應に編入したのが2年前。同級生の評価は「真面目でまっすぐな性格」だそうだ。勉学に励んでいたが頭はスキンヘッド。

   20代の奥さんの出身は厳格なカトリック一家で、父親の仕事の関係で海外にも行っていたという帰国子女だ。ボランティア活動で小番と知り合い、2年ほど前に結婚したらしい。なぜ真面目な男がこのような猟奇事件を起こしたのか。捜査関係者がこう話す。

<「A氏(弁護士=筆者注)とB子(小番の妻=筆者注)は複数回にわたり肉体関係があったようだ。ある日、それが小番の知るところとなった。小番がB子さんを問い詰めたところ、B子さんが『A先生にお酒を飲まされ、性行為を強要された』と主張。それを鵜呑みにした小番は当日、妻を連れて話し合いに出向いた。逮捕後、小番は取り調べで、妻が準強姦をされたからと動機を述べているが、真相は違う」>

   ということは、AとBは合意の上だったというのだろうか。妻のいい分だけを信じた小番は、購入した刃渡り6センチの枝切りバサミを忍ばせ、話し合いがこじれるとボクシングで鍛えたパンチをA氏の顔面に叩き込み、下着を脱がせてA氏の男性器をハサミで切り、それを事務所のトイレに流してしまった。

   真面目だった小番だけに、男と女の機微を考えることもなく、怒りにまかせてやったのだろうが、<最悪の場合「傷害罪の上限にあたる懲役15年に近い判決が出る可能性がある」(郷原信郎弁護士)>週刊新潮)というし、民事訴訟が提起されれば「億単位の賠償請求は免れない}(同)。この夫婦が失ったものは限りなく大きい。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中