「中1生殺害・不明」不審車は1台!犯行グループに女性がいる可能性

印刷

   大阪府寝屋川市の中学1年、平田奈津子さん(13)の遺体が発見される直前、駐車場に2台の不審車が出入りしていたとみていたが、防犯カメラの映像を詳しく解析した結果、1台だった可能性が浮上してきた。

遺棄現場を出たり入ったりして確認

吉永:家に帰れなかった理由

   防犯カメラの映像はこんな様子が写っていた

   (1)13日(2015年)午後10時34分。ヘッドライトを点けた不審車が運送会社の駐車場に入ってきた。駐車場内を熟知しているのか、迷う様子もなく奥の空きスペースに。方向転換してバックで駐車しヘッドライトを消す。

   (2)その4分後、車はヘッドライトを消したまま駐車場を出ていったが、1分後に戻ってきて、再び同じ場所にバックで駐車しヘッドライトを消した。

   (3)警察は当初この2回の駐車で、不審車は2台あったと判断したが、よく見ると同じ場所に出たり入ったりしているように見える。車は30分後にヘッドライトをつけて走り去った。その18分後の午後11時30分に駐車場に入ってきたトラックの運転手が、遺体を発見した。

   なぜ不審車は同じ場所に出たり入ったりを繰り返したのか。犯罪心理学者の出口保行氏は「駐車場をよく知る犯人が、仮眠しているトラック運転手がいないかなど下見をしたのではないか」と見る。

   「モーニングバード!」は「不審車両が1台だったことで、単独犯の可能性が浮上」としたが、これで単独犯とみるのは早計ではないか。平田さんの遺体には30か所の形状や深さが異なる傷があり、複数犯との見方は消えていない。上野正彦・元監察医は「リーダーに言われるまま、おっかなビックリ突いている感じを受ける」と、女が犯行に加わっている可能性を示唆している。

寝屋川市駅前の高校生「朝までダベッて帰る子多い」

   コメンテーターの青木理(ジャーナリスト)が20日深夜に、2人が最後に防犯カメラに写っていた京阪電鉄・寝屋川市駅前を訪れ取材した。青木によると、寝屋川は大阪の中心部から電車で20~30分のところにある大阪のベットタウンで、繁華街はなく住宅街に近い。治安も悪い印象はなく、女性が夜ひとり歩きしても全然怖くないところという。

   青木が夏休みで増えているという駅前にたむろしていた高校生に話を聞くと、こんな答えが返ってきた。「中学生もいっぱいいる。普通ここら辺でたむろし、ダベって朝帰るとかが多い。家に帰っても何もないし、やることがないから。(親も)怒らんね、たぶんもう高校生やから」

   青木の印象は「話を聞くと真面目だし異常とは思われない」という。蒸し暑い真夏、少し涼しくなった深夜に友だちとダベる。あけっぴろげな関西の文化なのかもしれない。しかし、中学1年生が居場所がなくなり友人に泊る場所を求めるなど、今回の事件のケースはやはり異常だ。吉永みち子(作家)も「なんで家に帰れなかったのか。基本的なことで分からないことが多いですね」と指摘する。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中