ボルト最速!ガトリンに競り勝ち「オレはまだ終わっていない」世界陸上

印刷

   北京の世界陸上男子100メートルでウサイン・ボルトが9秒79のタイムで優勝し、世界最速の座を守った。ライバルのガトリンとは2年ぶりの対決となった。

   レース前、ボルトは「大会史上最も厳しい100メートルになる。準備はできている」と言いながら、いつものおどけた表情を見せていた。しかし、準決勝でバランスをくずすなど不安はぬぐえない。ガトリンは今年100、200メートルで自己最速を出しているだけに、「勝ちにこだわっていきたい」と自信をのぞかせた。

100分の1秒差

   スタートはガトリンがわずかに出たが、すぐにボルトが加速、最後まで競り合い僅差で振りきった。わずか100分の1秒差だった。これでボルトはカール・ルイスを上回る世界陸上最多の9個の金メダルをとった。

きょうはお休みです

   ボルトはレース後、「オレが地球でナンバーワンだ」と勝利宣言。インタビューに「プレッシャーはあったけど、コーチに言われた通り自分がやるべきことをやったら勝てた」「ガトリンがいたからいいレースができた」「いろんな人がいろんなことを言うが、オレはまだ終わっていない。それを証明した」と答えた。

ガトリン「いいライバルと走れてうれしかった」

   ガトリンはボルトについて、「すばらしかった。いいライバルと走れてうれしかった」と振り返った。ボルトは「今年は僕ら2人のシーズンだった」とライバルを称えた。

   北京の特設スタジオで石井大裕アナ「ボルトはホッとした表情でしたね。苦しんだ中での世界一でした」

   アスリートコメンテーターの千葉真子(元マラソンランナー)「ボルトの勝負強さが際立ちました」

   石井「いやあ、大変なレースでした」

   司会の夏目三久はきょうはお休み。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中