2019年 2月 22日 (金)

校舎よじ登る女子高生『大場美和』金曜からIFSC世界ユース!「優勝」最有力

印刷

   遅刻しそうになった女子高生が、3階の教室まで校舎のカベを登るという設定なのだそうだ。カバンを投げ捨てた制服の彼女は、1階の窓枠から斜めの梁を伝って2階の梁に飛びつき、スカートのまま大股開きで3階まで登った。途中で、片手でぶら下がって悠々と辺りを見回す余裕も見せる。ただ者でない。

   大場美和さん(17)は高校生3年生で、クライミング・ワールドカップの日本代表だった。「校舎を登ってみてすごい楽しかったです。スカートで登るのが難しかった」とけろりという。

撮影ではロープ・・・「スカートで登るのが難しかった」

   撮影のときは安全のためのロープが支えていたのだが、ネットで公開された映像では消されていたから迫力満点だ。撮影は20回ほど行われたというが、掛け値なしに面白い。

面白い映像

   しばらく前に、やはり女子高生が走って走って屋根から飛び降りたりという動画があったが、あれはどう見てもトリックがあった。今回は全部本物。公開1週間で再生回数は100万回に達したという。

   大場さんがスポーツクライミングを始めたのは小学4年のときで、雑誌で見たクライミングを「かっこいい」と思ったのがキッカケだった。そして2012年、IFSCアジアユース選手権で優勝。15歳で出場したIFSC世界ユース選手権では3位になった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中