東京・中野で舞台女優「全裸殺害」夜中に男と言い争い!1か月前にも警察沙汰

印刷

   おととい26日(2015年8月)夜、東京・中野のマンションの自室で死んでいるのが見つかった舞台女優の加賀谷里沙さん(25)は、近隣の住民の証言から、交際相手とトラブルをかかえていたらしいことがわかった。遺体の首にはヒモのようなもので締められた跡があり、全裸だった。

首絞められ顔にタオルケット

加藤:顔見知り?

   現場は地下鉄・丸の内線の中野新橋駅に近い住宅地にあるワンルーム・マンションの2階で、アルバイト先の居酒屋を無断欠勤したため店長らが部屋を訪ねると、室内の灯りが付いているのに応答がなかった。警察官立ち会いでドアを開け遺体を発見した。

   加賀谷さんは足を入り口ドアに向けて仰向けに倒れていて、衣服はつけておらず、顔にタオルケットがかけてあった。窓にはカギがかかっており、室内が荒らされた形跡もなかった。死後1日か2日たっていると見られる。

   加賀谷さんの下の階に住む男性は、「24日か25日かに、ドタバタした音と女の人のうめき声が聞こえました。8時から12時の間くらいだった。うーという声で、『なんで?』みたいな声も聞こえたような気がする。酔っぱらっているのかなと思いました」と話している。

   また、「30分くらい。初めは気にしなかったが、やっぱり変な音だった」「上まで行ってみたが、玄関側の方で女の人の声がしたので、あまり近づけないなと思って」ともいう。

   この証言通りだとすると、殺害されたのは24日か25日となる。しかし、店長らが訪ねた25日夜にはすでに死亡していたと見てよさそうだ。

劇団HP「9月の舞台に出演させていただきます。ワクワクしています」

   加賀谷さんは所属していた劇団のホームページに、「9月の舞台に出演させていただきます。よろしくお願いします。今からワクワクしています」と書いていた。新たに劇団に参加してのあいさつと抱負だった。

   加賀谷さんは宮城県の高校を卒業後、上京して現在とは別の劇団に所属して、演劇活動をしながら新宿の居酒屋でアルバイトをしていたという。夢を追っての都会での1人暮らし。マンションの家賃は6万円ほどで、つましい生活だったと思われる。そんな彼女に何があったのか。

   加賀谷さんは1か月ほど前、深夜から明け方まで男と言い争う声と食器が割れるような音が近所まで聞こえて、先の下の階の男性が110番していた。駆けつけた警察官に、部屋にいた男性は「劇団員だ」と話したという。加賀谷さんがコンビニで男性と買い物をしている姿も目撃されていて、「30代後半で、長い髪を染めていた」という。

   司会の加藤浩次「1か月前の騒動と今回の事件が関係あるかどうかはわからないですね」

   武井壮(タレント)「カギが閉まっていたのだから、部屋に招き入れておかしくない人なのかな」

   菊地幸夫(弁護士)「顔見知りの可能性は高いでしょうね」

   加藤「顔に布がかけられてもいましたしね」

   顔見知りなら捜査も早いだろうが、なぜこうも簡単に人が殺されるのか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中