「劇団員女性絞殺」親しい顔見知り犯行か?全裸死体の顔にタオルケット

印刷

   東京・中野のマンションで26日(2015年8月)夜、若い女性が殺されているのが見つかった。劇団員の加賀谷理沙さん(25)で、地元の仙台の大学に通ったあと上京し、居酒屋でアルバイトをしながら女優として活動していた。

   アルバイト先の居酒屋店主が出勤予定の25日午後11時になっても現れないため、警察官と部屋に入ったところ遺体を発見した。首に絞められた跡があった。

階下の男性「夜中にドンドン。女性の声で『ウー』」

長嶋:1か月前にも

   加賀谷さんは衣服を身に着けていない全裸の状態で、顔にはタオルケットが掛けられていた。遺体のそばに加賀谷さんのものとみられる携帯電話が残されていたが、2個あった部屋のカギがなかったほか、彼女の財布もなくなっていた。玄関ドアや窓はすべてカギがかかった状態だった。

   真下の部屋に住んでいる男性は、「3日前(25日)ぐらいの夜中にドンドンと不規則なリズムというか、足音が何回も聞こえ、あとは女性の声で『ウー』という呻き声が聞こえた」と話している。

   1か月前に警察を呼ぶ騒ぎがあった。階下の男性は「女性の声で『出てってよ』みたいに叫んでいた。来てくれたお巡りさんに男が『劇団員をやっている』と話していた」という。

   コメンテーターの長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「一人暮らしの女性のところへ男性が来てケンカまでして警察沙汰というのは普通でない状況ですよね。この時に予防線を張っていれば今回のようなことは避けられたのではないでしょうか」

   おいおい、1か月前のトラブルの相手が犯人と決まったわけじゃないよ。

不可解!所属劇団3か月前に解散しているのにブログ書き込み

   加賀谷さんが所属する劇団のブログに今月7日、彼女は「はじめまして!です。9月の舞台に出演させていただきます。個性的なメンバーが集まって作るこの舞台、ハートフルな作品になるだろうなぁと、私もいまからワクワクしています」と記していた。23日にも稽古の様子を記していたが、おかしなことに、この劇団は3か月前に解散しているという。

   元警視庁刑事の吉川祐二氏は「タオルケットをかけていることから、亡くなったあとからでも見られたくないという顔見知りの犯行の可能性がある」という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中