油井宇宙飛行士「夏休みが終わってしまう!と思って、気持ちが沈んでいる子はいませんか?」

印刷

   国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の宇宙飛行士・油井亀美也さんが、2学期の始業を控える日本の子どもたちに8月30日(2015年)、ツイッターを通じてエールを送った。

   「夏休みが終わってしまう!と思って、気持ちが沈んでいる子はいませんか?」と問いかけた油井さんは、

「君の友達も同じ気持ちですよ。そんな友達と学校で顔を合わせれば、きっと気持ちが楽になります」

と、1人で落ち込まず、まずは学校への一歩を踏み出すことを勧めた。さらに油井さんは、こう続けている。

「気持ちが乗らないときは、まず好きな事から始めれば良いです。好きと言う事は才能の一部!好きな事があるなら、君には才能がある!」

   夏休み明けとなる9月1日は、気持ちが落ち込みやすく、子どもの自殺が最も多い日となっている。今月26日には、鎌倉市図書館が「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい」とツイートして話題を呼んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中