錦織ダメなら西岡がいるさ・・・乗り替え速い石井アナに華丸ツッコミ「そんなもんかい!」

印刷

   テニスの全米オープンで錦織圭選手は初戦で敗退したが、2回戦に進んだ日本人選手がいる。西岡良仁選手、19歳だ。予選から勝ち上がって4大大会初の勝利をあげた。きのう1日(2015年9月)の1回戦でフランスのマチュー選手と対戦し、6-4、2-6、6-7、6-1、6-2で打ち破った。

   「西岡選手はいけると思います。応援します」ときのう、力を込めて応援していたスポーツ担当の石井大裕アナが「おめでとうございます。感動ですよ」とパチパチ拍手した。

全米オープンで大金星!格上相手に初勝利

ボードも替えてる

   西岡の世界ランク128位に対し、マチューは80位で、以前は12位とはるかに格上だ。西岡にとっては大金星である。

   司会の夏目三久「格上に勝てたということは、非常に大きな自信になって弾みがつきますね」

   石井「2回戦も期待できます。今回、私は西岡選手に託しています!」

   これに水曜レギュラーの博多華丸(お笑い芸人)が突っ込みを入れた。「えー、錦織選手はどうしたの。負けたらそんなもんか。『錦織!』と写真入りのボードを掛けて、毎日、毎日、錦織、錦織といっていたのに」

   夏目「おや、きょうのボードには『今日は、西岡!』となっていますね」

   博多「目移りが激しすぎるよ」

   石井「いえ、目移りじゃありません。今は日本人全員で西岡選手を応援しなければいけないのです」

   博多「そう簡単に切り替えられないですよ」

   石井「切り替えましょう。錦織選手はもう切り替えています。次の大会、デビスカップに切り替えています」

   朝から漫談だった。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中