ハリル日本「得点力不足」返上!アフガンから6点・・・サッカーW杯アジア2次予選

印刷
「きのう(2015年9月8日)、久し振りに気持ちのいい勝利を届けてくれました」

   スポーツ担当の石井大裕アナが伝えた。司会の夏目三久も「(きのうの番組で紹介した)香川選手の大活躍でした」とうれしそうだ。

   サッカー2018年W杯ロシア大会アジア2次予選で、日本はテヘランでアフガニスタンと対戦し6-0で大勝した。得点力が不足といわれていたが、久々のゴールラッシュだった。

香川につないでゴールの理想形

いい弾みに

   ハリルホジッチ監督は試合を前に「鍵を握るのは香川真司(26)だ」と語っていたが、その通りの展開となった。さっそく前半10分で原口元気(24)がチャンスをつくると、先制ゴールを決めた。原口は2年ぶりの先発だったが、後半5分も香川→原口→香川とつないで香川の2点目になった。

   試合後、本田圭佑(29)は「(勝利の要因は)やはり香川の得点じゃないですか」と話し、香川は「6点を取りきったので次につながると思います」と冷静に語っていた

   いつもは前に出て大声を出しているハリルホジッチも、この日はベンチで深々と座り余裕の表情だった。次は10月8日(2015年)、オマーンでシリアと対戦する。「このグループで一番強い相手がシリアなのでしっかり準備したい」と語っていた。

   石井「この勝利、いかがでしたか。香川も2点取りましたね」

   夏目「きっとこれがいい弾みになって、いつもの調子が戻ってきますよね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中