白鵬きょうから休場!左膝の炎症で曲げるだけでも痛い・・・きのう連敗

印刷

   横綱白鵬がきょう15日(2015年9月)の3日目から休場することになった。けさ病院で診察を受け、「左膝の炎症があり、力が入らない状態だ」として07年に横綱に昇進して初めての休場になった。

平幕相手にばったり

   きのう14日の2日目、平幕の嘉風に敗れまさかの連敗だった。過去1度も負けたことがなかった相手に、土俵中央でばったりと手をついたのだ。司会の夏目三久も「横綱白鵬としては初日、2日目と初めての2連敗ですよね」と驚いていた。

無理しないで

   取組後、「足に違和感がある。親方と相談します」と話し、病院後にも報道陣に「あす15日、もう1回MRIを撮らないと分からない。(3日目についても)分からないですね」と答えていた。宮城野親方は「左膝を曲げるだけでも痛いといっている。長く相撲を取るのであれば、この1か月休んでもらいたい」と語っている。

途切れた数々の記録

   「もし休場になれば、このようなデータがあります。07年名古屋場所に横綱に昇進してから史上1位の横綱連続出場722日、連続2けた勝利51場所の記録がありますが、きょうで途切れるかもしれません」と熊崎風斗アナが話していたが、その通りになった。

   夏目「横綱がまわしを取れていませんので、踏み込めないぐらい膝に痛みが出ているということでしょうね」

   熊崎「ふだんからしっかり準備していると思いますが、それでも今回ばかりはどうだったのか、ということのようですね」

   野村修也(中央大法科大学院教授)「いまの夏目さんのコメント、凄かったですね」

   夏目「いえいえ、素人ですみません。いまは無理しないでほしいですね」

   ゆっくり治して、次の場所での活躍が期待されている。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中