洪水被災地に「窃盗団」!避難住民の家に入り込み物色・・・作業着にヘルメット姿

印刷

   司会の小倉智昭「悪い輩がまた出ましたか。東日本大震災のときも窃盗団でましたけどね」

   洪水・水害被災地の茨城県常総市で空き巣被害が相次いで発生している。自動車のナンバープレートまで盗まれるという。

「日本語ではない言葉しゃべってた」

小倉:また悪い輩

   自宅2階で空き巣に遭遇したという住民は「わからない言葉をごちょごちょと話していて、タンスをちょっと開けてまた降りていった」。また、「自衛隊とか消防、あとは警察の制服みたいなのを着て、何人かのグループでやってるみたいです」と話す住民もいる。

   阿部悦子リポーター「私たちが取材した方の目撃証言によると、共通しているのは夜の時間帯で、1人ではなく複数。ヘルメットをかぶって、作業着のようなものを着ていたそうです。で、日本語ではない言語を話していた。自宅に帰れない人もたくさんいますので、被害の拡大が心配されるところです」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中