暴れるイヌ射殺に警察官3人がかり13発!そんなに当たらないものなの?

印刷

   千葉県松戸市の住宅街で14日(2015年9月)深夜、警察官が暴れる犬を射殺する事件があった。帰宅中の女性からイヌに襲われたと110番通報があり、警察官が駆けつけると、イヌは覆いかぶさるように飼主(71)を襲っていた。

   警部補が飼主に「撃ちますよ」と断って5発を発砲したが命中せず、イヌが警部補に襲いかかってきたため、一緒に駆けつけた巡査部長が5発を発砲したが、それも当たらず、さらに巡査が3発発砲して最後の13発目がようやくイヌの頭部に命中した。前日の13日夜にも男性が白い犬に腕を噛まれる事件があり、同じ犬と見られている。

飼い主から虐待受け強いストレス

   イヌは先祖にオオカミとの交配歴を持つ白い紀州犬で、体長122センチ、体高50~60センチもあった。自治体によっては、人に危害を加えるおそれがある「特定犬」に指定し、飼育に条件をつけているところもある。しかし、紀州犬を飼っているという日本犬保存協会の弓削田忠氏によると、「決して凶暴な犬ではありません。(ストレスなど)何らかの問題が生じたのだと思う。一番問われるのは飼育者の管理です」

   イヌをめぐって、飼い主と近隣住民とのトラブルが絶えなかったらしい。「とにかく散歩が足りない。最初は1階で飼っていたが、頻繁に逃げるので2階のベランダみたいなところで飼うようになった」「日常茶飯にイヌを引っ叩いていた。放りっぱなしで散歩も何年間に1回行くか行かないか」「小型犬が噛まれた時は近所のご主人が止めに入ったが、腕を噛まれた」という声ばかりだ。

元警視庁刑事「13発というのは疑問。警棒使ってもよかった」

   小松靖アナ「それにしても、13発は尋常じゃないですよ」

   警察官の所持していた拳銃は5発入りで、2人の警察官は弾を使い果たした。14日朝から多数の警察官によって弾痕を確認するなどの作業を行ったが、住宅の壁やエアコンの室外機に跡が残っていた。松戸警察署は「拳銃の使用については、現時点で適正かつ妥当なものと考えている」とコメントしている。

   コメンテーターの吉川祐二・元警視庁刑事は「現場の判断が最優先ということはありますが、13発は疑問ですね。警棒という選択肢もあったのでは」と指摘する。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中