GACKT「歳を取る=劣化っていうのは間違い。若さでは負けるけど、ボクは今が一番最強」

印刷

   GACKT(43)が9月13日(2015年)ブログで「劣化」について語っている。

   CMやドラマの撮影をまとめて行うために数日日本に帰ってきたという。GAKCTは「もう42歳になったろ?『いつまで写真に耐えられるのかなぁ・・・』何て思うことはたまにある」

   芸能人を「劣化」という言葉で評する人を「自分たち自身の顔の事は置いておいて、よく他人のことをそこまでボロカスに言えるよな・・・って思うことだって多い」と書いた。

   自分については「そりゃ、歳は取ってるわけだから、昔に比べりゃシワだって増えたさ。でもな。歳を取ること=劣化じゃない」「そもそも歳を取るって言葉と、歳を重ねるって言葉とは違う意味なんじゃないかい?年齢という数字では若さに負けるけど、経験を積み重ねた年数と実績を歳と言うナンバーに置き換えるならボクは誰にも負けやしない。今が一番、最強で最狂と自信を持って言える」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中