阿曽山大噴火「どこかの火山が活発になるたび心配されるけど、現地の人を気にかけてほしい」

印刷

   9月14日(2015年)に阿蘇山が噴火し、お笑い芸人の阿曽山大噴火(40)のもとに「芸名を変えた方がいいのではないか」などと言われているという。

   どこかの山が活発になると「大丈夫ですか?」といったメッセージが飛んで来たり、街中でも「気を落とさずに」と言われるという。「俺よりも現地の方を気にすべきで。一応、地元の人の次に心配してる自信はあるけども」とツイッターに書いている。

   芸名については「私の名前は先方任せ」だといい、雑誌やテレビの媒体によって「阿曽山大噴火」「阿曽ちゃん」「阿曽山」「阿曽道昭」と、使われる名前が異なると明かした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中