「JR放火犯」自称ミュージシャンHPにこんな歌「燃やせ!燃やせ!ゲリラ!」

印刷

   東京都内のJR東日本の敷地内で不審火が相次いだ事件で、警視庁はきのう15日(2015年9月)夜、東京都武蔵野市吉祥寺東町の自称ミュージシャン野田伊佐也容疑者(42)を威力業務妨害容疑で逮捕した。先月23日(2015年8月)午後7時半ごろ、品川区の品川変電所の高圧ケーブル付近に火をつけ業務を妨害した疑いだ。「やったことはやったが、業務を妨害したとは思っていない」といっている。

音楽仲間「目が笑っていないような、つかみどころがない危険」

   現場近くの防犯カメラに黄色っぽいテンガロンハットと赤い自転車で走る男が映っており、自宅を捜索したところ、同じものとみられる帽子と自転車を見つかった。都内のJR東日本の敷地内では先月から放火の疑いがある不審火が7件あり、警視庁では野田が他の放火事件にも関与しているとみて捜査している。

動機は?

   「帽子をかぶって自転車で出ていくのをよく見た。フレンドリーですね。すごくフレンドリーな感じ。おかしい様子は何も感じなかった」と近所の男性は話しているが、音楽仲間の1人は「不思議な人でした。目が笑っていないような、つかみどころがない危険というか、とにかく不満みたいなことをいっていました」という。

不可解な犯行動機!愉快犯?思想家気取り?強い恨み?

   元神奈川県警刑事部刑事の犯罪ジャーナリスト・小川泰平氏が人物像を分析した。

   司会の夏目三久「先月(2015年8月)、小川さんには現場を検証してもらいましたが、その際、JRに強い恨みを持っているか、もしくは愉快犯かという話が出ていましたが、いま改めて犯行動機はどのあたりにあるとお考えですか」

   小川「通常の愉快犯は火をいっぱい燃やしたり、人がいっぱい集まったりすることに快感を得るんです。今回は大きく燃えたことは1か所ぐらいしかありません。それで容疑者の過去を調べてみました。自称ミュージシャンなのでこんな歌の歌詞を作っているんですね」

   紹介したのが野田のものとみられるホームページに載っていた訳詞だ。「燃やせ!燃やせ!燃やせ!(中略)ゲリラ!ゲリラ!ゲリラ!ゲリラ!ゲリラ!」といった過激な言葉が並んでいる。

   小川「過去に実際にJRを対象とした同時多発ゲリラ事件が起こったこともありましたが、今回は幼拙な犯行で、なにか過激な事件を臭わせるような、思想家気取りというか、その振りをするというか、そういったところがあるのではないかという気がしています」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中